わんちゃん、ねこちゃんの口臭・歯周病・歯石に、お困りの方に
2015 / 04 / 21 ( Tue ) 18:30:00
お口のトラブルにお困りの方に 朗報!!!(わんちゃん、ねこちゃん共に)

当院で大ヒット商品となりつつあります。
取り扱いを初めて2週間ですが、いったん欠品にもなったくらいです。

口臭や歯周病にお困りの方は、多いと思います。
こちらは乳酸菌のサプリメントですが、従来のものは、お口に塗らなくてはいけなかったり、1日あたり100円もしたりとハードルが高く、私もなかなかすすめられていませんでした。

しかもこちらのサプリメントは、獣医歯科学の分野で有名な先生方が、きちんとデーターを発表されているようなものです。

大きさはこんな感じ。
7mm前後で、結構粒が小さいですよ。
150420.jpg

うちのわんこ達に試してみました。

うちのわんこは、3日で臭いが少し薄れました。
もちろんゼロにはなりませんよ。
でも、かなりさわやか(@^▽^@)。

1頭は、すごく心臓が悪く失神することもあった位なので、全身麻酔をかけることも出来ません。
でも、前歯が・・・。
あ~~~、歯肉が赤くなってかわいそう。
と言う子も、歯肉の赤みが取れてきました。
もちろん歯のグラグラは治りませんが、進行を予防することは出来そう。

と言うことで、うちでは、食後から寝る前くらいに、ごほうびとしてあげています。
うちではおやつはあげないので、これをおやつと思って喜んでいます。

ポリポリポリと食べています。

食べない子は、食事に混ぜてもいいんですよ。
私はより効果を上げたいから、口の中にも広げたいから直接食べさせているだけですが、このサプリの特徴は、お腹の中に取り込まれても効くと言うこと。
粒もやわらかいので、簡単につぶせます。

ねこちゃん および小型犬だと、1日1粒。
中型犬で1日2粒といった感じ。

まず食べるかどうかお試ししたいという場合は、8粒入りからあります。
8粒入りが、440円(+税)
60粒入りが、3,000円(+税)です。
小型犬では2ヶ月分になりますね。
このての商品では、かなりお安いです!

東京から取り寄せているので、欠品時はお時間をいただくことも有りますが、現在はなるべく欠品にならないように在庫を確保しております。

歯石付着予防効果も実証されています。
もちろんゼロでは無いですよ。
だから、歯磨きの代わりになるというわけでもありませんが、何も出来ないけど気になるという方のために、これは朗報だと思います。
歯磨きを既にされている方は、それに追加されると、鬼に金棒といった感じですね!

当院内にて、説明させていただきます。
お気軽にご相談下さい。
(電話でのお問い合わせは、バタバタするのでご遠慮下さい)
当院の場合は、診察が無くても、継続処方できます。


『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

病気・ケガ・健康管理など TB:0 admin page top↑
こんな時期に! (必見:緊急UP)
2015 / 03 / 04 ( Wed ) 08:00:00
3月3日の夜。
だいず君の頭を、なでなでしていました。

夕方、なでていた時は全く気付かず。

夜10時半。
なでていたら頭のてっぺん・・・ごろっと何か触る。
しかも、結構大きい。
え!こんな所に、こんなシコリ無かったぞ。
背筋がゾッとする。

見て見ると黒い固まり。
え?血腫?
急速に何か出来ている。

えぇ~~~!!!

冷静に見て見ると・・・。
150303-1.jpg
はっ!!!マダニだぁ~~~!

しかも、パンパンに吸血している。
と言うことは、感染して48時間以上経過していると言うことになる。

とりあえず外す。
だけど、あごが残らないように外すから、当然皮膚からの出血。
かわいそうに・・・。
周りの毛に、マダニの糞もついている。
どれくらいの間、食いついていたんだろう。
ほんとかわいそうに。
150303-2.jpg
と、私もSFTSの感染が怖いので、すぐに手を洗いました。(素手で触らない方が良いです)

もちろん潰しません。
潰したら、SFTSをはじめとしたウイルスの他、いろんな危険にさらされる可能性があります。
セロハンテープにサンドして、ゴミ箱にポイ。


と。。。腫瘍では無かったけど、こんな時期にマダニと言うことで、またまたビックリ。

ニュースでは、弾丸低気圧で北海道が猛吹雪とか、そんなニュースも流れている気候。
福岡でも最高気温が10℃前後だったり。
まだまだ寒い日が続いているのに。
2015年3月3日は、こんな気候の日でした。
(感染したのは、3月1日以前を推測。でも、変わらず寒かった)


やっぱりマダニは、強い。
こんな寒くても生息している。

と言うことで、これからは当院では、マダニの予防は通年投与をおすすめしようと思います。
(もちろん、ノミの予防も同時に出来ますよ)

油断していた・・・(^。^;)


今シーズンからノミダニ予防剤に、以前からの飲むタイプに加え、『おいしいタイプ』も仲間入り。
さらに、『フィラリア予防と同時にノミダニ予防の出来るタイプ』も。
どうしても飲めない子は、スポットタイプもありますよ。
ただ、もう時代遅れのフロントラインの取り扱いは、随時終了していこうと思っています。
もう発売されて長いですからね。
薬剤耐性も出始めているかも?ですね。
新しいタイプのお薬に切り替えていきませんか?

予防費用の負担軽減のために、フィラリア内服薬処方のシーズンに、フィラリアと同時処方の方は、まとめ割も実施します。
既にフィラリアの注射をお済みの方も、適応しますよ。
ご心配なく!!!
3月中旬以降にご案内出来ると思いますが、この記事を読んでご心配の方は、お早めにご相談下さい。

当院では、この時期のまとめ割が、一番お得に処方出来ます。
ご利用下さい。

まだまだと思って、ゆっくり新しいお薬の準備中だったけど、ほんと急いでUPしました。

うう~~~それにしても、こんな時期にマダニとは。
やられた!


ほんと。
もっとみなさんに、伝えなきゃ!!!

犬でのSFTSの症状や疫学は、まだ分かっていません。
以前、NHKで報道されていた症例では、犬のマダニを潰し、お母様(高齢)が感染し死亡。
その後、お子様(中年)も、同じようにマダニを潰し、失明してしまったと言う放送がありました。
犬については、特に言われていませんでしたが、どうも無症状のようです。
放送の時映っていた犬たちは、いたって元気でした。

室内犬のマダニに気付かないと、十分血液を吸った後は、部屋の中に落ちます。
飽血と言います。
そうして、またお腹が空いたら、そこに居る動物についてきます。
その時に、人が側に居たら、人に食いつきます。
また、ワンちゃんについたマダニを潰しても、先の症例のように、マダニの体内のウイルスが出てきて、人に感染します。

マダニから感染するウイルスSFTSは、人を死に至らしめたり、重大な障害を人に起こさせる怖いウイルスです。
予防方法は、マダニと接触する機会を無くすこと。
ワクチンも、特効治療もありません。
対処療法のみです。

動物病院で、安心で確実なマダニ予防薬を、処方してもらいましょう。
市販品では、マダニの予防はまず出来ません。
マダニは、ノミより強いからです。
市販品は、ノミの予防効果さえも低いです。
効果が低いだけでなく、副作用を引き起こす成分が含まれるものが多いです。





『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

病気・ケガ・健康管理など TB:0 admin page top↑
ちょっと待って!? 料金だけで決めてませんか?
2015 / 02 / 10 ( Tue ) 12:00:00
この時期になると、料金だけの問い合わせの電話が増えます。
正直、憂鬱です(>_<)。

それも、猫ちゃんの飼い主様ばかり。
「猫の避妊(去勢)手術の料金は、いくらですか?」
以前は、ていねいにお答えさせていただいておりました。
料金だけでは無く、もろもろも。

ただ、この10年で変わりました。
しっかり、ていねいに親身になって説明しても来られないのです。


これは当院に限ったことではありません。
周りの先生方にたずねても、同じ状況。
「料金だけの問い合わせ増えたよね。で、来ないよね」

獣医師共通の感覚です。


なので、料金だけたずねているのか?
それとも、本当に来たいと思って、どれだけ金額を用意したら良いのかというのは、電話口の雰囲気で分かります。
聞き慣れている感じが伝わってくるんですよ(^◇^;)
あと、他のことはイイ!料金だけ聞きたいんだけど・・・オーラ(o゜∀゜o)
ですから料金だけの方は、当院の待たれている飼い主様にも迷惑をかけるので、申し訳ないのですが、簡単な対応にさせていただいております。



わんちゃんの飼い主様は、そんなこと無いんですよ。
予防や治療をしている病院で、手術を受けられるのが当たり前。

でも猫ちゃんは。。。
不思議な感覚です。

1円でも安い病院をお探しなのでしょうが、手術ってどこでうけても同じでは無いんですよ。
安全性を重視すれば、それはコストがかかること。
安全性を重視して、低料金はまず無理です。

ちなみに当院では、1日1頭しか、手術の予約を入れません。
じっくりていねいに確実に、安全性を確保して手術するためです。
もちろん、手術日を設けて、○曜日の午後は手術のみですといった病院は、違いますよ。
じっくり手術するために、時間をとられていますからね。
でも、当院のように1名の獣医師で診察もしながら、手術をするとなると、1日に何件も手術を入れてしまうと、あわてて安全性が確保できなかったり、縫合が雑になってしまう危険性もあります。
薄利多売手術は行っておりません。

私は、全ての手術に対してですが、避妊去勢手術に関しても例外なく、縫合をていねいにしております。
もちろん当たり前ですが、体の中、見えないところもしっかりと。
私の性格をご存じの方は、私が目に見えないところで手を抜かない性格であることは、周知のことと思います。
縫合をていねいにする理由は、病気でも無いのにメスを入れるのって、抵抗がある方が多いって感じます。
でもね。
将来のことを考えたら、病気の予防も含めて、若いうちに、キズも小さく済むうちに手術を受けてもらった方が良いって思うんです。

でも。
そのキズが、すごく目立っちゃったり、痛々しかったら・・・。
自分が飼い主だったら、自分の選択が正しかったのかな?と、悩むこともあるのかなと思うんです。
実際それで病気が防げていたとしても、防げているという感覚は、実感しにくいものですからね。。。


だからこそ、予防処置で行う手術は、「どこを切ったの?」と言うくらい。もしくは、それを目指して手術するのが当院のポリシーです。
実際、それぞれの子で皮膚の質感が違うので、Bestの子も居れば、Betterの子も。
私が自分に対しての基準が厳しすぎるので、Betterであっても、キズの仕上がりが汚いわけじゃ無いんですよ。

当院には多くのナースさん(飼い主様で)が、いらっしゃいます。
なので、実際の人間の現場と比較されることも多いですが、そのうちのお一人が、人間の形成外科の現場で働かれています。
形成外科は、傷をキレイにあげることに、集中されるお仕事でもあります。
その現場のナースさんから、「先生、うちの子の避妊手術の傷、めちゃくちゃキレイよ。ありがとう」と言っていただけています。
私の知り合いの子も、手術した際、その方の友人に人間の外科医が居ます。
その先生に傷を見ていただいた際も、「きれい」と誉めていただいたそうです。
人間の医療現場の方々からも、太鼓判を押され、チョットうれしかったり(@^▽^@)

それから、手術方法も、各病院でマチマチです。
卵巣のみをとられる病院。
卵巣と子宮を摘出される病院。
後者の方が大変です。
獣医療では、どちらの方法も正しく、どちらでも良いとはされています。
ただ、それぞれの先生で、こだわりもあります。

術前の管理方法、術後の管理方法も全然違います。

そんな感じで、ていねいにしていけば切りが無く、ただ当院では、出来るだけ安全に手術をし、動物にストレスや負担をかけたくないと思っておりますので、バカ正直にさせていただいています。


あと、猫ちゃんは、男性が苦手の子が多いです。
当院は、現在は手術に関わるスタッフは、全て女性です。
執刀する獣医師である私自身、女性獣医師です。
なので、他院では怖がって診察させなかったという子でも、当院でかかりつけになられるケースも多々ありますし、他院で手術を受けた後から病院嫌いになったと言うことも。

もちろん、男性の方が好きという珍しい子も 実際居ます(@^▽^@)。


1円でも安いところに魅力を感じられる方は、それでも良いかもしれません。
ただ、それがどこでも一緒と思って、料金だけで比較しているのであれば、とても怖いことです。


それから私は、飛び込みの方の手術は、原則受けておりません。
猫ちゃんの性格も分からないし、もちろん飼い主様の性格も。
当院に何を望んでいるのかつかめないし、飼い主様自身がきちんと納得しないで、命を預かることはしたくありません。

なので・・・
まずは、予防接種なり、健康診断なりに来ていただきます。
猫ちゃんにも飼い主様にも、当院に慣れていただくことから始めます。
そこで信頼関係が生まれ、双方が納得して安全に手術に臨めると考えています。

実際、電話の対応だけで即断して、その先生に手術、そして、命を預けているって認識をどれだけの方が持っているのかなと、チョット心配になって、記事にしてみました。


動物を飼うにあたって、動物病院とのお付き合いは長いものになり、また、不可欠です。
自分に合った動物病院探しは、病気になる前、手術になる前から始め、普段から気軽に相談できる関係を築いた方が良いと、個人的な意見ではありますが、私はそう思っております。

ですし、当院では、病院嫌いを作らないためにも、お散歩のついでに遊びに来るわんちゃんたちもたくさん居ますし、猫ちゃんもうさぎさんも定期的に、遊びに来てもらっています。

そんな幼稚園みたいな、お茶は出ないけどカフェみたいな動物病院を目指し、これからもスタッフ一同 頑張ります。




『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

病気・ケガ・健康管理など TB:0 admin page top↑
back * HOME * next