自己判断購入による 有害事象の報告 (複数の中の1例)
2016 / 12 / 29 ( Thu ) 17:00:00
『動物病院専用品は、かかりつけの先生から!(有害事象報告)』の続きです。

自己判断による動物病院専用品の購入による有害事象は、今年、日本小動物獣医師会の報告でもまとめられ、発表されました。
複数報告されていました。

当院でも、つい先日、自己判断による有害事象があったので報告させていただきます。
飼い主さんにも了承を得ていますし、おそらく同じように考えている飼い主さんもたくさんいるだろう、間違った知識で、動物を苦しめる結果になったことを、他の人にも知ってもらい、同じ思いをする子を減らしたいという気持ちです。


この子はネコちゃんで、腎臓治療をしており、療法食を食べています。
ムラがあるため、獣医師指導のもと、複数のメーカーの食事を与えています。

5日前から食欲が半分くらいになり、あまり食べないと言うことで来られました。
まず、もうちょっと早く来ることを伝えました。

そして、3kgの体重が100gも減り、2.9kgになっていました。
これは人間に換算すると2kg相当になります。
たった5日で、こんなに痩せてしまいました。

身体検査をして、軽度の脱水があり、口内炎から食べなくなるケースもあるため、口の中も入念にチェックしましたが、問題なし。
腹部触診でも何も無し。

血液検査を実施。

確かに、腎臓の数字は悪いものの、食欲不振を示すような数字ではなく、過去データーと比べても特別数字が悪いわけでも無い。
その他の数字も、気になることはなし。

脱水改善のために皮下補液を実施。
そして、食ムラがあり、複数のフードを開けていることを思い出し、開封後の期間を聞きました。
そうすると、開封してかなりの期間が経っていたのです。
ですから、
「そんなものあげたらダメですよ。フードの酸化です。あとどれくらい残っているのですか」とたずねました。
当院で出している規格だったら、そんなに長いことかかるわけが無いので予想している期間とあまりにちがいすぎて(゜Д゜)。
2ヶ月以上になる・・・。

そりゃあ、フードが酸化して、おいしくなくなっていますよ。
さらに、おいしくないだけでは無い。
酸化油って、食べ続けると肝臓に負担がかかります。
体を壊し、肝酵素が上がっているケースも見たことがあります。

この子は幸い、こんなフード食べていられないわ!って、食べるのを拒否したから良かった。
食いしん坊さんで、飼い主さんが気づかず、そのまま続けていたら体を壊すことになりました。


次の日も来てもらうことにしました。

「フードの酸化によって食べないだけだと思うけど、今日治療して、フードを変えても食べなかったら、明日はエコーとか精密検査をしますからね」そう言って。

次の日、見事に食べてくれました。
食べ過ぎるくらいに。
一気に体重も戻りました。

ただ、5日間も食欲不振が続いていたので、まだ体は脱水気味。
その日も補液をして終了。

簡単に書きましたが、当院以外でフードを買われているとはまったく思っていなかったし、そんな不適切な使い方をしているなんてまったく思っていなかったので、フードの酸化にたどり着くまでには、かなりの時間を要しました。
飼い主さんを信用していたので、その時点ではフードの処方履歴を見直すようなことをしていませんでした。
患者さんが混み合って忙しかったのですが、腑に落ちない点が何点もあり、いろんな角度からアプローチ、問診を繰り返し、やっとこさっとこたどり着いた結論。

これだけ労力を要しました。
今回は分かったから良いものの、分からなかったら的外れな治療になっていたかもしれない。
それは獣医師が悪いのですか?
本来なら、問診に本当に時間がかかりましたから、カウンセリング料として、別途診察料を請求しても良いくらいのことです。
相当長い時間、診察をしていました。

この記事を読んで、たったこれくらいと思う人もいるかもしれない。
そうじゃないんです。
運が良かっただけ。

ちゃんと病院でフードを持って行ったら、そんなに不適切なサイズのフードは買わなかった。
もともと食事のムラもあるわけで、こんなに軽い子だから2kgサイズのフードなんてあり得ない。

確かに割高ですよ。
動物病院は小さい規格のを売りつけているわけじゃ無いんです。
あれらのサイズは、その子にあったサイズなのです。
ですから、当院ではまずほとんど2kgなんてサイズは処方しません。
複数等飼育や、よっぽど食べる(食べてもいい状態の)子だけです。

検査して治療して頭を悩ませて、病院に来る時間を作って。
結局、費用も余計にかかっているし、動物にも、自分自身にも負担をかけてしまったのです。

何の得も無かったのです。
動物に対して申し訳ないという気持ちを持たないといけないのです。
痛い思いをさせたのは、飼い主さんなのですから。(この飼い主さんはちゃんと分かって、十分反省してくれました)

幸い次のステップである肝障害にまでは行ってなかっただけで、そこまでになって居たら、こじれていたのです。


例えば人間の場合、薬をかかりつけで無い内科の先生から、薬を処方を受けて、指導はまた別の病院でして下さいとは言わないのでは無いですか?
もちろん、他の科を受けて、その科との薬の兼ね合いは、ちゃんと合わせるでしょう。
でも、同じ心臓病で、先生の間で連携を取るでも無く、今回は、こっちの病院に行って薬をもらい、次回はあっちなんてまずしないのに、なぜ動物病院の場合はできるのでしょう?

まあ、はっきり言って、別の角度から言うと『ずうずうしい人』です。

動物病院の場合は、多くが、総合診療科です。
しかも、言葉を話さない相手だからこそ、使い分けをするリスクを考えて欲しい。

もちろん、休診で他の病院にかかったと言うことはあります。
そして、私もそういう飼い主さんたちを対応します。
かかりつけの先生のところが開いたら、そちらに行かれて下さいと。

そういう診療とはちがうんですよね。


動物病院専用品はそういうものだから、かかりつけの先生のところで処方を受けて下さい。

またまた今日もありました。
1kgの療法食を数袋単位で処方している子。
少し痩せてきたので食事量を増やしました。
「先生、うちの子、食べる量が増えたので、3kgの注文は出来ませんか?」
え???
1日100gも食べるの?と疑問に思い、1日の食事量を看護師に電話口で聞いてもらった。
「1日80gです」と。

「1日100g以上食べる子だったら、3kgでも良いけど、それ以下だったら、酸化しますし、可能な限り短いサイクルが良いんですよ。実際それで体を壊した子も居るし」というと、黙っている感じ。
私が出来ないって言うと、私のせいにする人が増えました。
「先生がダメって言うから」って。

だから最近は、客観的な情報だけ伝えて、最後は自己責任を負っていただきます。
まあ、本来はそういうものなんです。

最近、話が通じない人が多くて、説得するのも疲れたので。。。
「3kgをと言うなら頼んでも良いですよ。ただし、責任は負えませんが。どうしますか?」

良くないと言った内容のアドバイスを受けて、素直に聞き入れてくれる方には、こんな言い方はしません。
でも、だって・・・。って
獣医師として、信用されていないって事ですからね。
いやいや、だだをこねてどうにかなる問題じゃ無いし。
私だって、なるべくお金かからないようにした方が良いと思うし。

もともとネットで買っていた方。
だから無理矢理当院で買わされている感じなのかな?
買った病院で、診療をしてもらえば良いんですよ。
昨日も書いたとおり、処方や販売をしているところが、そこら辺のケアーをしないといけないわけですから。


私の場合はね、3匹で食べているから、短いサイクルでフードを回している。
1週間から10日くらいかな?
それも、もっと小分けにして、なるべく空気に触れないように。
酸化食あげたくないから。
いくら安く入るって言ったって、3頭抱えているし、高齢だから薬代もだれよりもかかっているし。
でも、この子たちへのお金ってもったいないと思ったことは、一瞬たりとも無いですね。
自分がひもじい思いをしていても。



他にも、18歳になるまで尿路結石の食事を食べさせ続けた結果腎不全になり、しかもそこでの治療が悪くて死ぬ寸前で、転院されてきたといった症例の経験もあります。
その子は、あのままでは間違いなく死んでいました。
とある数字の計測がされておらず、それを調整しただけで、その後2年間生きましたから。

当院では最近は尿路結石専用食を処方することは、ほとんど無くなりました。
診断することも20年以上前と比べても激減しました。
初発の尿路結石なんて、滅多に見かけません。
でも、ネットで一番売れている商品は、尿路結石用なんですって。
しかも、大袋。大きな規格です。

変ですね?


ちゃんとしたおつきあいの出来る動物病院を探し、損得勘定では無くて、ちゃんと人としておつきあいしましょう。
それが、動物のためにも、あなたのためにも、そして、そういうつき合いをすることで、善良な獣医師を作り出していきます。


追伸
外用タイプのノミダニ駆除剤を使っている方へ。
ネットで買っているでしょ?
フロ○○○○ンとか、他の商品も。
外用タイプのお薬は、トリミングの時のシャンプーなんかできれいさっぱり落ちちゃうんですよ。
いまは、マイクロバブルとか、皮脂までキレイに取るでしょ?
だから、皮脂を好むタイプのお薬は、十分効いていないんですよ。
動物病院に相談すれば分かる話(^▽^)
だけど、動物病院から処方を受けていない人に、いちいち話しはしませんからね。
だってあなたが、ノミダニの予防をするような飼い主さんとは、思ってもらえていないんですから。。。
不適切な使い方をしていたら、何の効果も無い。
外用タイプを処方することもあります。
でも、ちゃんと使い方も指導します。
効果的な使い方を。

動物病院で獣医師や看護師が、ことあるごとにケアーしているから、その薬の効果が発揮出来ている。
だから、その分の料金と考えたらむしろ安い位なのにね。
残念!




『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

病気・ケガ・健康管理など TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://kiyomivet.blog112.fc2.com/tb.php/733-9b59f33e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *