動物病院専用品は、かかりつけの先生から!(有害事象報告)
2016 / 12 / 28 ( Wed ) 12:00:00
動物病院専用の品を、インターネットに流したり、ホームセンターに陳列したりするような先生が増えた。
本当に動物のことを考えたら、そんなことは出来ないはずなのです。
「動物のことを思って」とか、「低価格で」とかきれい事が並べられているけれど、本当にそうなのでしょうか?
フード(サプリやその他の動物病院専用品)を売ることを重視せず、薬などと同じように診療アイテムとして使っている先生だったら、そういうことをされるのが、また、自分の患者さんが自己判断で購入したら、本当に診療を混乱させることになるし、自分たちの判断も鈍るし、飼い主さんに回り回って迷惑をかけることになることを普通の獣医師で普通に考えれば分かるはず。
まともな診療していれば・・・。

獣医師免許があって、病院を開設していないとそういう商品は入ってきませんから、ペットショップが仕入れているわけでは無いのです。
ネットのショップ=動物病院です。
結局はそういうこと。

それでも、あなたは・・・・・引き続き、かかりつけの動物病院以外から、同じ商品が並んでいるからと、買いますか?



では、なぜ動物病院専用になっているか、考えてみたことがありますか?

動物病院の獣医師や看護師さんと話をして、細かいケアーをしながら処方や販売をして欲しいという目的で、動物病院だけに卸しますという販路の商品なんです。
じゃなかったら、動物病院専用とは書かないし、ペットショップやホームセンター用にした方がよく売れます。

先生や看護師さんと会話しながら使ってもらう商品。
そういう目的の商品なのに、どうして、ホームセンターなどのそういう所に流したり、ネット販売出来るのでしょうか。

結局、バーチャルな動物病院ではなく、個別の動物病院が対応しなくてはならなくなります。
でも、出しても無い商品の対応は出来ません。
気軽に相談や対応したら、「動物病院で言われた!」って、なるし、気軽な対応なんて出来ないんですよ。
今の世の中では。
しかも、まさかそんなところで買って勝手に給餌したり、薬をあげて、体を壊しているなんて想像がつきません。

動物は自分自身で申告しません。

そして、飼い主さんの自己申告は、いくら几帳面な方でも、ズレていることもあります。
と言うか、ズレていることの方が多いです。
カルテに記載されている内容と飼い主さんの管理がずれている経験は、数え切れないほどあります。
几帳面な方の。

なのに、キチンとされている方こそ、ズレていると言うことを認めて下さらないから、カルテに無い架空の話をするのはとっても大変。

かかりつけの動物病院のカルテにきちんと記載があれば、間違いはありません。


だから私は、動物病院専用品を、他院(ネット、ホームセンターは、動物病院が流しています)で購入されたことに関することは、一切コメントしません。
それが治療目的であっても、一般のものであっても、動物病院専用品ですから、販売先の動物病院が責任を持って対応する内容ですから。

ですから、たとえば腎臓病治療中に、食餌療法をしているにもかかわらず、他院(ネット、ホームセンターは、動物病院が流しています)購入された場合は、そこの出している病院で責任を持って診療していただくようにお願いします。
一般食やグッズもです。
動物病院専用以外で私の知っていることは、サービスで答えることもありますが。

ほんと、わかりません。
きちんと診療しようと思ったら、カルテに無いことは。

次回、実際の有害事象のうちの つい最近起きた例を、報告させていただきます。




『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリックお願いね笑顔のだいずバナーです。(FC2ブログランキング)


クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

病気・ケガ・健康管理など TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://kiyomivet.blog112.fc2.com/tb.php/731-54a49eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *