【重要:必読】雪による診療困難状況と、(別に)今後の診療対応について
2016 / 01 / 24 ( Sun ) 12:00:00
〈長文になってしまいましたが、一番最後にも、重要なお知らせがあります〉
みなさま、おはようございます。
天気予報通り、ここは北海道にいるのかと錯覚するような寒さですね。

今朝の最低温度は、天気予報を下回り、当院の付近では、-4.2℃だったようです。
160124-1.jpg

そして、8時48分現在でも、-3.9℃です。
160124-2.jpg

そして、先ほど気象庁の天気予報を見たら、今日の予想最高気温は、-2℃だそうです。
全く考えられない気温です。

積雪は、1月23日(日)の朝の時点では、こんな感じですが、
160124-3.jpg
このままの気温で、このまま降り続くと、路面凍結などで、スタッフが出勤できない可能性があります。
少なくともこの時点で、スタッドレスかタイヤチェーンを装着していない車は難しいです。

スタッフには、金曜あたりから、「タイヤチェーンやその他対策を立てて下さい」と伝言したものの・・・。
当院の今現在のスタッフは、最大の努力をしてくれる人しかいないので、それでも来られない時は、本当に申しわけありませんが、対応できない事態もあります。

こう言う時に、獣医師がいればなんとかなるでしょ?と簡単に言う人が居ますが、無理です!
もちろん、開業当初は、一人でやっていたこともあります。
なので、内容によっては出来ないもありません。
間違いなく、今と同じレベルの診療は出来ません。
当時は、今と比べて、軽い症状だったり、簡単な症例がほとんどでした。

そして、なにより、クレームが少なかった。
今は飼い主様が期待して求める物が、大きくなりすぎました。
むかしは、私の出来る範囲の治療でも、満足していただけた。
飼い主様自身も、動物を押さえることを手伝ってくれたり協力的でした。
今は、噛む子なのに、カラーや口輪をシブシブしか付けさせてくれない人も増えました。
うちの子は噛まない!と。
とは言っても、当院では、カラーや口輪を使う頻度は、激減はしています。
ほとんど使いません。
なので、提案させていただくのは、よほどのことで。
そもそも、私の言うように病院に慣らす訓練をして下さっている方は、ネコちゃんでも、診療途中に膝に乗ってくるくらい慣れていたりするのです。
もちろん、押さえ込まない方が、次からの診療も楽です。
怖がらせない診療を心がけているのは、本当にきちんとしたかかりつけの方であれば、私の言っていることは理解して下さると思います。
だから、押さえる、タオルに巻く、カラーを付ける、口輪をつけるという判断は、日常茶飯事ではありません。
その中で判断すると、嫌そうな顔をする方がいます。
スタッフとの相性もあります。
でも、そのスタッフが常には入れるとは限りません。
そうで無いスタッフの時すごく嫌な顔をする人も居ます。
そのスタッフだったらおとなしいのに・・・。
わかります。
私も、病院嫌いにさせたくないから、なるべく動物の希望(飼い主さんの希望では無くて)に添うようにしたいのです。
可能な限り相性の良いスタッフを充てるようにはしたいのですが、どうしても無理な時もあります。
私たちは、どうしたらよいのでしょうか?
私たちが噛まれてケガをすると言うことより、自分の子を怖がらせたくないことの方が先走る過保護な方が増えました。
私たちがケガをしたら、その子はもちろん、他の私が抱えている子たちへの診療に支障を来します。
でも、そこまで考えて下さらず、嫌な顔をされます。
もちろん、動くとその子自身もケガをしてしまうし、きちんと押さえることで速やかに治療を済ませることで、恐怖を減らせることもあるのに。
何度も何度も押さえ直していくうちに、逆にもっと怖さが増すこともあるのに。
プロに任せるという気持ちは激減して、任せられないけど、でも自分でもご自身の動物を制御できないという方が増えました。
だから、出来ないのです。
この傾向は、年々加速しています。
20年前と10年前の比較より、数年前と今年の方が、酷さ(ひどさ)は増しています。
加速しています。
他人の不利益より、自分の身の周りをまず最優先に考える方が、増えてしまいました。
そのような理由で、万全とはいきませんが、それなりの状況が確保できないと診療が出来なくなってしまっています。

逆に、私が一人で対応できるくらいの診療内容であれば、病院の都合では無い緊急事態ですので、日を改めていただくか、雪が少し溶けたような時間帯にお願いしたいです。

本当に診療を必要とするような状態では、1名だけでは診療は出来ません。
なのでもし、今時点で、体調が悪いようでしたら、明日朝まで無理をさせず、動けるようでしたら夜間救急などで対応をお願いいたします。
タクシーなど使えば、移動できるかもしれません。
応急処置をしていただいた状態と、我慢させた状態では、次の日の診療の状況はかなり大きく変わります。
なによりも、夜間でとりあえず診療してもらい、その診療が正しいか間違っているか、当院でもう一度精査できることで、診断精度が上がります。
当然、1度の診療で確定するケースもありますし、何度も何度も治療や検査を繰り返し、やっと分かる病気もかなり多いです。

★夜間とは、夜間開いている病院のすべてを指しません。月隈の福岡夜間救急動物病院のみ、治療内容の公開をして下さいます。そこがベストかどうかと言われると難しいところですが、他の選択肢を考えた場合、その他の病院の場合、治療内容の公開がなされていなかったり、引き継ぎをしてもらえないケースがあるので、そちらがベターな選択肢だと思います★

書いたついでに、ちょっと一言?二言?言わせて下さい。
いわゆる『救急車のたらい回し』と言われるのが、そのような理由では無いのかと思います。
昔は、応急処置でもして、その後は専門にと言う感じで、どの科でもある程度対応していたところが、今は、その応急処置が問題があったらすぐ訴訟になります。
なので、難しい症例ほど、速やかに受け入れられなくなってしまっているのだと思います。
本当は、難しい症例ほど、応急処置が必要なのに・・・。
専門医がいないから受けられない。
そうやって、本当はちょっとでも診てもらえていれば助かった命でさえも、助けられなくなっているのは、病院や救急搬送側に問題があるのでは無く、クレームを言っているこの社会の問題があるのでは無いかと私は思います。
だから、たらい回しにしているんじゃ無いんです。

私は約1年前に救急車に乗りましたが、二十数年前に乗った時と本当に対応が変わっていて、普段すごく神経を使われているんだろうなと本当に共感しました。
大切に大切に扱って下さいました。
春日那珂川消防隊に感謝です。
(「自力で病院に行こうとした」と救急の先生に話をしたら、「こんな状態で自力は無理ですよ」と言われたくらいですから、無駄に救急車に乗っているわけでは無いので、その点はご理解下さい)
もちろん二十数年前も、全く不満なんてありませんよ。
人として、こういう方々に、感謝以外なにものも無いと私は思うのですが。
一生懸命頑張って下さっているのに。
だから、医療介護職に就く人のモチベーションが下がっちゃうんですよね。

本題に戻します。
このように前もってアナウンスしておりますが、明日は実際は、問題なく診療できるかもしれません。
スタッフがそろっていれば、もちろん予防接種なども出来ます。
ガラガラだと思いますので、穴場ですよね。
ですので、路面の状態を確認の上、微妙な場合は、かならずお電話で確認の後、お越し下さい。


〈もう一つの重要なお知らせ〉
1月25日から、スタッフのシフトが変わります。
夕方4時半以降および第3日曜日(終日:元々11:30の受け付けで終了)は、スタッフの人数が減るので、午前午後問わずに来院可能な方は、なるべく午前中の受診や第3日曜日(事前に診療内容が受けられるか無理かを確認していただけたら助かります)を避けてお願いいたします。
4時半(16時半)は、受付時間では無くて、スタッフが退勤する時間ですので、待ち時間が長い場合は、この時間に受付をされても、診療の待ち具合によっては、対応が難しい場合もあります。

午後になる場合は、午後の早い時間のうちにお願いいたします。
遅い時間も診療は出来ますが、対応できない内容も多々ありますので、あらかじめご了承お願いいたします。
さらに今後、土日は、ベテランスタッフの出勤が無いので、難しい症例や心臓などの定期検査は可能な限り平日にお願いいたします。

スタッフの人数の少ない日や時間帯は、受付およびお薬処方やフードのみの対応も遅くなります。

また、状況が変わりましたら、アナウンスさせていただきます。
しばらくの間ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をいただけたら、とてもうれしいです。
清美どうぶつ病院を、陰から支えて下さる飼い主様方を、私たちも心から支えられたらと思います。
本当のやさしい心って、口には出さなくても、分かっていますからね(^_-)-☆
獣医師も看護スタッフも、言葉の通じない動物を相手にしているお仕事ですから。

私どもも、みなさまにご迷惑をおかけしないように、現在最大の努力をしている最中です。
今しばらくお待ち下さい。

よろしくお願いいたします!
そして、わたしたちも、頑張ります!!!


『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

お知らせ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://kiyomivet.blog112.fc2.com/tb.php/677-0b90cfad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *