飼い主さまへ ありがとうの気持ちでいっぱいです
2015 / 10 / 31 ( Sat ) 12:30:00
口の中の悪性黒色腫(メラノーマ)
この春の検診の採血保定の時に、顔を軽く触ったら口から血が出てきて発覚。
1cm未満で、しかも奥の方で、普通に生活していたら全く気づけないレベルでした。
その後、検査を実施で確定。

7ヶ月がんばってきました。

口の中が腐ってきて、腫瘍も大きくなって口の中をふさぎ、抗生剤も飲めなくなってきて。
「1回打ったら2週間持つ薬もあるよ」と前日説明をしたら、昨日いらっしゃいました。

でも、体温がもう下がってきていたのです。

「この高い注射を今日打つのはどうだろう。1日持つ薬を打って、明日少し復活したら、明日この高いのを打とうか?」と飼い主さんと相談して、水分補給の注射と1日持つ抗生剤だけして、明日会えますようにと帰りました。

先ほど電話があり、今朝6時に亡くなったとのこと。
夜の間も、お嬢様が添い寝することが出来たとのこと。
点滴を打って、少し気分が良くなったのか、自力で起きて、水も飲みに行ったり出来たとのことでした。
最後の治療をして良かったと。

闘病生活が長いだけに、どれだけのご苦労があったことか。
口の腫瘍が化膿し、かなりの異臭を放っていました。
空気清浄機を使われたり、部屋中にペットシーツを敷き詰められたり。
閉じ込めるでも無く、わんちゃんの立場に立ったケアーをなさっていました。
かなり大変だったと思います。

もちろん仕事をしながらのケアーでしたし、ご自身のお母様が熊本にお住まいで週末はそちらにお世話に行ったりという生活の中、愚痴も言わずにがんばられました。

「先生。先生があのとき、もしかしたら間に合わないかもしれないから、家族が集められるなら、集まってもらった方が良いと言って下さって、本当に良かったです。娘たちも、出勤する前にみんなでお別れが出来ました。本当にありがとうございました」というお礼の電話でした。
「本当にありがとうございました」
何度も何度も、そう、丁寧に言って下さいました。

私たち獣医師は、もちろん助けたいのですが、永遠に助け続けることは出来ません。
だからこそ、特に私の場合は、最期を迎えるときに、よりよい状態で送り出してあげられればと、常に考えています。

亡くなってはしまいましたが、こういう気持ちに助けられて、がんばれています!
ありがとうございます。



『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリックお願いね笑顔のだいずバナーです。(FC2ブログランキング)


クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

病院での出来事 TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://kiyomivet.blog112.fc2.com/tb.php/672-7b737841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *