めだかに、はまっています。
2010 / 06 / 28 ( Mon ) 19:00:00
病院でめだかを飼っています。

去年の秋、小さいメダカをゲット!
ずっと育てていたら、今年の春、どんどんおなかが大きくなって、「おおぉ~メタボめだか」なんて言っていたら、産卵し始めました。

卵が出来ていたんですね。

今は、卵をほかの水槽に移し、孵化待ちです。
ここにいたるまでの経過は、またの機会に。


で・・・、楽しみに待っているのですが、カビが生えてしまいます。
無精卵がカビが生えるのはわかるのですが、中に、メダカの形が出来てあと少しになったころに。。。
もちろんカビが生えた卵はマメにとったりして。

いろいろ調べたら、素手で触ってはいけないとか、メチレンブルーを入れるとカビの予防になるとか。

メチレンブルー・・・大学のとき、魚病学で習ったなぁ~。

まてまて、メチレンブルーは、病院内でもあったなぁ~。
顕微鏡標本の染色液として、顕微鏡の横に置いてあるメチレンブルーを手に取り、水槽へ。
1Lの水に、1滴程度。
でも、これでいいの?
染色用だけど、治療用との濃度の違いは???

近いうちに、ちゃんと魚治療用のメチレンブルーを買って来よう。

さあ、今、目玉が見える卵たちは、孵ってくれるか。。。
スポンサーサイト

メダカ TB:0 CM:0 admin page top↑
<<めだかが、かえった * HOME * 7月の休診日>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kiyomivet.blog112.fc2.com/tb.php/4-552ff0bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *