めだか 排水溝 工事
2010 / 07 / 25 ( Sun ) 17:41:02
どうしても、ちびっ子メダカの水槽の排水溝から、元気の良すぎるちびっ子メダカ(やんちゃ坊主、おてんば娘)は、大脱走をします。

幸い、以前の記事でも書いたように、下にネットでキャッチしているので、大きな水槽に脱走することは防げています。
しかし、もしも・・・、油断したときにネット水槽に何かあったら・・・と、排水溝の大工事をすることにしました。

どうしたらいいか???
こういうのを考えるのは得意です。
結構アイデアマンなんですよ。
診療のときももちろん、決まりきったことだけでなく、いろんな状況に対して小さい頭を一生懸命使って、いろんなアイデアを提供しています。



洗濯ネットのもう少し硬いようなものは無いか?
目の細かい固めのネットは無いか?

そういうことを頭に思い浮かべ、100円ショップに出かけました。


注意:写真の調整が自宅なので(自宅のパソコンには、どうも画像調整のソフトが入っていないよう・・・。)出来ないため、いらない縁があったり、写真の色やコントラストが悪かったりします。ご了承お願いいたします。



ん~、洗濯ネットだと、やはり隙間が出るかな?
↓もともとの柵と、それに巻いていたネットです。

tyakosi3.jpg

こんな感じだから、柔らかい素材だと、両サイドを引っ張ると、真ん中の下のほうに、隙間が出来ます。
その隙間が脱走ポイントだと思われます!!!


下のほうの隙間を埋めるような、適度な薄さのゴムは無いか?
あの隙間がネックだよなぁ~。

ぐるぐると100円ショップの中を回りながら、考えをめぐらしました。

網戸のような素材も良いけど、網目の穴が大きすぎるし・・・。

まず目に入ってきたのは、キッチンコーナーのアク取り。
そのあとに、同じ目の細かさだったらと、茶こしが思いつきました。


茶こしを、はさみで、ネットと縁の部分に切り離しました。
tyakosi2.jpg


金属ネットだけで、排水溝の網を作ることも考えましたが、付けたりはずしたりするときに少しよれそうです。
そこで、もともとの排水溝のプラスチックの部品も、使うことにしました。
ただ、これに金属ネットをあわせても厚みが出来て、はまらなくなります。
はめる部分を避けた大きさで、ネットを加工しました。
もちろん、縁の金属の毛羽が出ると、メダカを傷つけるので、縁を中に折込さらに、それが出てこないように。

さらに、それがずれないように、手術用の糸の切れ端で、きちんとお互いを留めたところです。
tyakosi4.jpg
裏から見ると、ちゃんと両サイドの柱のところには、来ないサイズでばっちり留めています。(写真を撮り忘れました)

これだと、上下にも隙間が出来ません。


しかし、念には念を!
ちびっ子メダカ君たちは、なんたってやんちゃ!!!
想定外のことをしてくれます。


さらに、その状況の上から、洗濯用のごみ取りネットの壊れたものの端切れ(何かに使えるかもと、何でも壊れたら私は捨てずに、取っておくもので。)を、巻きました。
tyakosi5.jpg
↑それを、ちびっ子メダカの内側から見た写真です。



それからは、脱走はしていないようです。
7月17日(土)に、診療が終わって、買い物に行って、帰ってきてから作りました。
そのあとは、2日経過していますが、大丈夫そうです。

おかげで、ちびっ子メダカは、こんなにたくさんになりました。
tibimedaka100718.jpg
↑画像をクリックしてみてください。大きくなります。

水の中は、とてもピントが合いづらく、これでもベストショットのほう。
実際は、もっとたくさんのちびっ子メダカがいます。(ピントが合わず、少ししか写っていません)

推定、40~50匹です。


ちびっこメダカの悪ガキぶりに負けるな!or いいアイデアだね!と思ってくださる方、ぜひ、 拍手ボタン のクリックをお願いいたします!

スポンサーサイト

メダカ TB:0 CM:0 admin page top↑
<<紙ごみ * HOME * うさぎの不整咬合(切歯)>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kiyomivet.blog112.fc2.com/tb.php/33-5ca075ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *