メダカのたまご
2010 / 09 / 26 ( Sun ) 08:51:18
1ヶ月くらい前に、デジカメを買い換えた。
とは言っても、どうしても、以前のデジカメのほうが、小さくて、持ち運びしやすいので、普通はそれを使っている。
新しいのは、光学10倍のものを買ったので、どうしても、レンズも大きく厚みがあるし。
正直、まだ使いこなせていない。

本当は、デジタル一眼レフが欲しいのですが・・・。
もう十年前くらいから、欲しいなと思いながらも、悩んでいる状態。
値段もですが、実際買って、ちゃんと使うかどうか。
大きいからと言って、持ち出さないと意味が無い。

今までの光学3倍だと、出歩いたときに、きれいな鳥を見つけたりしても遠すぎて、結局わけわからない状態だったりしたので、光学10倍には、ちょっと期待したい。

そもそも買い替えのきっかけは、手術中の写真撮影。
手術中に、予想外のことや何かがあったとき、後で飼い主様に見せるためだったり、学術的記録のためだったりで、撮影することは多々ある。
みんながみんな、すぐに使いこなしてくれればいいが、そうもいかない方もいる。
術中に、カメラの使い方の説明をしているともたもたするので、誰でも使えるデジカメがいいなと、それが一番のきっかけだった。

今回は、デジカメを買い換えて、試し撮りで、撮ってみた写真です。
古いタイプでは、水槽内はピントが上手く合わなかったのですが、新しいのだときれいに撮れました。


左:♂、右:♀

♀のおなかには、卵がついているのわかりますよね。

この夫婦はとても仲がよく、寄り添っていることが多いです。
♂のほうがスマートで、♀のほうが、少し大きく、おなかもぷくっとしています。


最近は、急に水温が下がってきたので、お腹に付ける卵の数も減ってきました。
どうも、受精もあまり上手くいっていないようで、孵化率も下がってきました。

食事を食べる量も減ってきました。

メダカは冬場は、ほとんど食事を取りません。
だんだんと活動が下がってきます。

夏場と同じ量の食事をあげていると、食べきれず水質の悪化にもつながるので、様子を見ながら与える量を減らしてゆきましょうね。


少し前に、季節はずれですが、睡蓮鉢を買って来ました。
夏前から、ずっとどうしようと悩んでいたのですが、今年孵ったメダカの子達を、外で世話したいと思い、思い切って。
季節はずれだったので、気に入った鉢は売り切れていましたが、今年は、まずビギナーとして。
ホームセンターで買ったのですが、信楽焼きの睡蓮鉢。
見た目よりは、軽くて。
信楽焼きと言っても安かったですし、ホームセンターなので、間違いなくB級品でしょうけど、私には、これで十分。
同じくらいのものでも、もっと重くて、品質的に???、国産かどうかもわからない、っていうのも、たくさん。
この夏は、いろいろと見比べたので。

今、水草を植えたりして、水質の安定化を図り、準備しています。
水の中ではミジンコも増え、メダカの食事になるので、良い感じです。
メダカの食事を、自然繁殖で確保できたら、あとは、ほとんどメンテナンスフリーです。
水の減りや、様子をたまに見るだけでよくなる。

長いスパンでは、近親交配を避けるため、たまに、別のグループのめだかを投入してあげる。
(いま、同じところで取っためだかですが、若干グループ分けして、飼育しています。遺伝子の偏りを防ぐため)

あとは、ヤゴ対策、鳥対策。
いま、トンボがたくさん飛んでいるので、心配。
ヤゴは、めだかの天敵だから。
そして、鳥も、小魚がいるとわかると、味をしめて、取りに来るそうです。

安定して、メダカを移したら、病院の入り口にでも飾ろうかなって思っています。


また、睡蓮鉢は、別の機会に写真入で、UPしたいと思います。


結構、私の身近に、めだかを飼っている方が多く、びっくりしています。
知人の獣医師にもいたし、飼い主様の中にもたくさん。

めだかは、癒されますよね。




よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

メダカ TB:0 CM:0 admin page top↑
<<ハムスターの頬袋の腫脹 * HOME * 靴下LOVE だいず編>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://kiyomivet.blog112.fc2.com/tb.php/112-58e928c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *