スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
福岡VMAT(福岡県獣医師会所属)の活動開始
2016 / 04 / 29 ( Fri ) 22:45:00
福岡県獣医師会は、4月24日(日)から、活動を開始しております。

お困りごとの相談がメインです。
内容は、災害時特有のものがやっぱり多いですね。
相談だけでも力になれることも多く、熊本県内の動物病院の先生は、病院で診察をしていただき、私たちが相談コーナーで相談に乗り、必要あれば病院を紹介するシステムが作れれば、避難者の方も気持ちが救われるのでは無いでしょうか。
現場では出来ることに限りがありますから、あくまでも往診という感じです。
獣医師である動物のプロが話を聞くだけで、不安から解き放たれ、笑顔になっていく顔にホッとします。
実際、熊本市獣医師会の先生方も、休み返上だったり、合間を見て、相談コーナーに来られたりします。

話を聞くだけと謙遜して書きましたが、話を聞きアドバイスをすることが、診療行為ですからね。

こちらは、熊本市獣医師会のFacebookページで活動初日の紹介されている記事です。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=491419344402296&id=490990014445229
この時は2チームに分かれ、お困りごと相談と現状の報告を受け、1チームは支援物資が届いていない地域に、物資を運び、そこでも聴取いたしました。

その後、25日(月)には、ペット保険アニコムのドクターカーも災害救助の実働経験のある獣医師と一緒に遠路はるばる確か東京?から到着しました。
ドクターカーが入ってから、治療行為も実施始めております。
https://www.facebook.com/fukuokajyuishikai/posts/1026346230790996
30日にこの車は帰りますが、替わりに5月1日から岩手大学のわんにゃんレスキューカーが入る予定になっているそうです。
アニコムもビックリだったけど、岩手から・・・すごい!!!

NHK福岡放送では、4月26日の11:30から30分番組の約15分間、VMATの事を取り上げていただき、放送されました。
リーダーの船津先生は、北九州の先生なのですが23日の福岡での会議から福岡市内に宿泊され、そのまま隊員を乗せて24日に現場に向かわれ、その後車中泊をされています。
そのような状態から、現場から一時、戻ってこられての出演です。
先生の活躍には、本当に感謝の気持ちしかありません。
先生が立ち上げ、全国を回り、現在は群馬県でもVMATが出きたわけです。

放送は録画で見ましたが、震災に対しての心得など多くの情報が盛り込まれ、とても良い内容でした。

他にもいろんなところで紹介され始めました。
http://sippolife.jp/article/2016042700008.html

当初は、活動期間は5月24日からの1週間でしたが引き続き、5月8日(日)まで、延長される予定です。


私は25日月曜から診療途中に、本当に実際被災した時に人に頼っていてはいけないことなど啓発していますが、なかなか上の空の方がほとんど。
誰かが助けてくれると思っているような空気に包まれています。
行政が・・・とか文句を言う前に自分の身を守ることをしていかないと、本当に大変な思いをするのは自分ですし、その責任を動物たちに負わせるのは、どうなのでしょうか?
所有物だからと、自分の価値観を押しつけても。
努力をめんどくさがる方が大半です。
動物飼うって、あたりまえに大変なんですけどね。。。
動物は共同生活者で、お預かりしている立場であって、決して所有物って考えが私には無いので、こういう空気に包まれるとホントつらいです。
残念ですね。

同行避難も、出来ていません。
避難所の受け入れ拒否です。
でも、これは、受け入れ拒否が悪いのでしょうか?
自分たちは、動物嫌いだったり動物と一緒に居られない環境、たとえばご病気だったりする方のことを考えたことがありますか?
そう考えた時に、同行避難できるだけの準備が出来た上での避難であったのか?
またのタイミングで、この事も書きたいと思います。

今回、いろんな事を経験しました。
これをまたタイミングを見て、アウトプットしていきたいと思います。

話は少しそれましたが、これからも福岡県獣医師会は、こういう社会貢献活動もしていきます。
応援よろしくお願いいたします。






『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

動物福祉(愛護) TB:0 admin page top↑
獣医師は、仕事を休ませてもらえません
2016 / 04 / 26 ( Tue ) 18:45:00
皮膚が弱いのですが、地震の後、膝に湿疹のような物が出来た。
とてもかゆくて、あ、ストレスでまた変な皮膚病が出来たわ位に思っていた。
それから1~2日して、おしりの上の腰骨あたりに直径1センチくらいのぶつぶつが数個。
痛い。

私は皮膚が弱いので、こういうことはしょっちゅうで。

それからしばらくして、22日くらいから、膝と股関節の痛み。
神経を走る痛みも、この前のケガの後遺症がついに出たかと。

そして24日(日曜日)、ハードスケジュール(詳細は書けませんが、口頭ではお伝え出来ます)で疲労困憊。

昨日(月曜日)、朝から神経痛がする。
午前の診療が終わる頃は頭痛。
もちろん、元気の無い姿は一切見せていません。

夕方の診療が終わり、ほっとしたら、ホント太ももの後ろの神経がズキンズキン。
逆の右側も。
そして、股関節から上の脇の方も神経痛が。

仕事も終わってほっとして、普段見ないようなテレビを見ていると、え!!!私の皮膚病症状と一緒。
帯状疱疹!?
まさかと思ったのですが、ヘルペスはしんどいので、次の日すぐに受診。
皮膚の症状はピークと比べ落ち着いてきていたので、先生も?と思ったみたいですが、神経痛などから総合して、
帯状疱疹で間違いないとのこと。
そして、膝のかゆい湿疹と、腰の痛いぶつぶつも、神経痛もみんな帯状疱疹のせいだとのこと。
神経痛は、まだピークでなさそう。

口唇ヘルペスの3倍量の薬用量が必要とのこと。
5種類の内服薬を処方。
2錠ずつの薬もあるので、すごい量を飲みます。
また、抗ウイルス薬の投与が終わった後、炎症が落ち着いた後になって神経症状が出ることもあるそうで、排便排尿障害など有ったら、皮膚科と麻酔科と神経科と同時に連携が取れ、入院施設もある大きな病院に行かないといけないらしい。
大変とは知っていたが、重度になるとすごく大変なんですね。

それで、今朝からしんどくて、午前の段階で「帯状疱疹の可能性があって」と飼い主に言うも、同情票は少なくスルー。
ほぼ無視状態。
あまりにも無知なのか、元気そうに見えるからなのか、ちょっと傷ついております。
雅子様もかかられて、大変さは一般的に知られているはずなんですけどね。。。

私は、高熱が出ても仕事モードに入ったら何事も無いように頑張ります
しんどいと言うときもありますが、説明するときなどはスイッチが入ります。
一瞬仮病のように思われるかもしれませんが、そうじゃないんですよ。
スイッチを入れるだけです。
それがプロです。
なので、なんちゃこと無いように、端からは見えます。
病気が病気なんですから、診察休まずに頑張っているんだから、もっと優しくして欲しいものです。
気合いは入れられますが、機嫌の我慢の閾値は下がってしまいます。
むちゃくちゃつらいのに、わがまま言われると、普段だったら我慢出来ても、我慢出来ません。

まあ、獣医師は、倒れても仕事しろって感じなのでしょうね(T_T)。
これは、日々浴びせられる視線でそうですからね。
寝る暇があるなら働け!的な。

そういう仕事です。
獣医師であっても、獣医師である以前に生身の人間なのですから、おかしな話なのです。

でも、今は良いけど、皆さんがむち打つと、本当に入院になっちゃいますからね。
病気説明の紙には、数日は安静につとめることとなっている病気ですからね。
倒れちゃったら、ご覚悟を(^◇^;)。冗談抜きで。


『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリックお願いね笑顔のだいずバナーです。(FC2ブログランキング)


クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

病院での出来事 TB:0 admin page top↑
被災地に入る際の心得
2016 / 04 / 19 ( Tue ) 20:00:00
今回の熊本の地震で、出動要請があれば出ることも検討しておりましたが、あまりにも地震が続き、さらなる災害の拡大も懸念される中ですので、また出動要請が無い状態です。
また、いろいろな情報で、女性ボランティアの場合は、災害とは違った被害も考えなくてはならないそうで、周りに迷惑をかけないように検討を重ね、参加しないという決断もしないといけないかも知れません。

もうすぐゴールデンウイークを迎えます。
被災地に入ろうと考えている方もいらっしゃるかも知れません。
その際の参考になればと書いてみました。
ただ、交通渋滞の原因を作ってしまったりしては、支援になりません。
しっかりと考え行動して下さい。

以下は、あくまでも福岡VMATの講習会や災害関連の講習会で得た情報ですが、足りないところもあるかも知れません。
ただ、意外と知らない情報もあるでしょうから、書いてみます。
私も初めて講習を受けた時はビックリしましたが、こういう心得が必要なんです。
抜けているところがあったら申し訳ないです。

①自助・共助
まずは、自分の身を守ることが最優先。人助けは2番目
そんな心得が必要です。
自分も救助されるような状況になったら、もっと迷惑をかけます。
あなたが来なければ良かったと言うことになるのです。
助けに行っているんだからと言う使命感で、自分の身の危険性は別ものとして助けに行きたい気持ちもわかりますが、ここは気持ちを抑えて下さい。

②人命最優先
私たちが獣医師として現地に入る場合は、動物を助けに行くのですが、でも実は、『動物を助けると言うことは人の命を助けること』なのです。
それが本当の目的です。
先日報道されていた内容も、自宅の犬の様子を見に行って被災し、ただ、その方は九死に一生で救出されたそうですが、一歩間違えば命を落としていたことになります。
また、犬と一緒だから避難所に入れないと車中泊で、エコノミークラス症候群で命を落とすケースも。
動物を助けないと、人の命が危険にさらされます。
災害現場に向かう途中、人が倒れていたら、動物を助けに行く前に人命救助にあたります。
そのために福岡市消防局の救命救急講習も受けました。
個人的には、人の命も動物の命も甲乙つけがたいので人命最優先は辛いところですが、災害時は、この心得が必要です。
つらいですが、気持ちを切り替えなくてはなりません。
だけど、だからこそ、動物を助けないといけないのです。

③ボランティアは、自分で衣食住を管理すること
ボランティアに行っているんだから、現地に行って手を貸しに行くんだから、寝泊まりも避難所の一部を借りて、一緒に支援物資を分けてもらえると思っている人も多いのでは無いでしょうか。
スーパーやコンビニが開いていたら、そこで調達出来る?かな???なんて。
避難所のスペースと食事などは、避難者のための物であって、スーパーやコンビニも砂薄状態です。
外部から来た人のための余力はありません。
恥ずかしいのですが、私もそこまで責任を持たないといけないことを知りませんでした(講習会で勉強しました)。
・寝袋や車中泊を出来る準備をすること。
・最低でも自分の滞在中の食料の準備はしていくこと。
・個人的には、簡易トイレを持って行っても良いのでは無いかと思います。

衣食住は、自分で責任を持って!



余震が続く中、動けずに悶々としている人も多いのでは無いでしょうか。
ただ、今、道路も寸断され、捜索もままならない状態で、物資が末端までは届いていない状態。
県庁のすぐそばの避難所でさえ物資が不足しているというテレビ報道も。

動物のフードも十分だからもう送らないで欲しい言う 動物行政の方の記事UPされていましたが、でも、実際は細部までは届いていないと思います。
人間でさえも、十分物がある報道の一方、何も届かないという避難所があるくらいですからね。
輸送手段が無い場所は、本当に困っているでしょう。
だからと言って、置き場所が無いのにドンドン身勝手に送るわけにも行きませんよね。
もどかしいところです。

そんな状態だからこそ、外部から人がどんどん入り、道路が渋滞して、緊急車両や物資搬送に支障を来したら、どんどん問題の解決が長引きます。

行動する時は、組織単位で動くこと、個人では行動しないことに心がけましょう。
個人で動きたいのはわかりますが、ボランティアセンターなどが開設してから動きましょう。
だから私も、もしも動く時は獣医師会の指示で動きますし、私が行って迷惑になりそうなことが予想出来たら、動きません。
何もしないのが悪いことではありません。
することが悪いことになることもあるからです。

そして、獣医師会の動きが悪いわけではありません。
既に、福岡VMATの隊員(獣医師3名)が現地に入り、市の動物愛護センターの視察など終え、行政との連携も取っています。
詳しい内容は、Facebookページhttps://www.facebook.com/fukuokajyuishikai/?fref=pb&hc_location=profile_browserでどうぞ。
そのような状態ではありますが、震源地が変わり、まだかなり大きな揺れがある中、そして、私たちの支援がかえって邪魔になりそうな状況では入れないだけです。
ご理解下さい。

私も、現地入りする組織の方のご厚意で、病院療法食とノミダニの予防駆除剤を預けることが出来ました。
有効利用していただけたら良いなと思います。

それぞれがそれぞれの立場で、出来ることを出来る範囲で、支援していきましょう。



『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

お役立ち情報 TB:0 admin page top↑
【緊急:重要】熊本地震の救援のため 臨時休診の可能性のお知らせ
2016 / 04 / 16 ( Sat ) 09:20:21
熊本の大地震で、福岡県獣医師会は、災害救助の準備を進めております。
(4月17日追記:現在は、まだすぐ動く感じではなさそうです。獣医師会からの要請待ちです)

私も、福岡VMATに登録しております。
あくまでもボランティア活動ですが、この忙しい時期ですので、おそらく多くの獣医師さんが出動出来ない事態だと思います。
もちろん私もそうです。

しかし、災害は待ってくれません。
誰かが出ないといけないんです。

ただ、私も日常生活には支障が無いレベルですが、思いっきり走ったり、高いところから飛び降りたりと言うレベルまでは、足の状態が完全回復しておりません。
だから、本当に出られるかどうか、今模索中です。
わざわざ行っても、かえって迷惑にならないか、いや、後方で事務仕事だけでも出来るか。
(実際の災害訓練にも参加しているので、イメージして)

と言うことで、しばらくの間、急に臨時休診にするかもしれませんので、ご確認の上お越し下さい。

本日も、昨夜の地震の影響で、来院者はほとんど居ません。

困った時に、一人一人が出来ることを、やっていかなければなりません。
もちろん、私が出動すると当院の患者さんすべてにご迷惑をおかけします。
それもわかっています。
でも、すべての動物病院がそう言っていたら、誰が助けに行くのとも。

かなり葛藤し、昨夜常時揺れ続けた地震のため睡眠不足も加え、悶々としております。

熊本の動物病院が1件倒壊したとの情報も。
多くの動物病院が倒壊はしていなくとも、機械が使えない状態だったり、ものが散乱していたり、機能していないところも多いそうです。
なので、他県からの援助が必要です。
身近での大惨事に、涙が出そうです。

まだ余震が続く中、命の保証はありません。
獣医師会からも自己責任でと言われています。
もちろんそうです。

当院のかかりつけの方は、私のこの気持ちを理解して下さると信じております。

実際は、自分の体調面もありますので、出動はしないかもしれませんが、こういう考えでしていることをわかっていただけたらと思います。

その時は、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご協力よろしくお願いいたします。




『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリックお願いね笑顔のだいずバナーです。(FC2ブログランキング)


クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

お知らせ TB:0 admin page top↑
熊本の大地震で私たち獣医師に出来ることと、飼い主さんへのお願い
2016 / 04 / 15 ( Fri ) 12:00:00
熊本の地震の件で、一時保護施設として各動物病院が少しずつ預かる体制を、福岡県獣医師会が整えつつあります。
詳しくは、動物環境科学研究所:船津 info@animaliesa.comまで。
直接各病院への問い合わせではなく、船津先生(獣医師会)を通していただきます。

私もきちんと責任を持ってお預かりするとなると、多くの頭数は抱えられません。
休診日も私一人で対応しますし。
ですが、1頭でも、ほんの少しでも、みんなが協力出来ることで、大きな力になれると信じております。

福岡県獣医師会は、東日本大震災の教訓を元に、福岡VMATを立ち上げ、また、こういう預かり体制の登録などもしております。
あの大地震の教訓が、今回生かされることとなりました。

さらに、以下の情報もお伝えしたいと思います。

◎ペットの同行避難
ペットとの同行避難は、国が指針として出しています。
ペットを避難所に連れて行けないから避難しないなんてしないで下さい。
一緒に避難して下さい。

そして、この情報を広めて下さい。


◎お薬の管理
日頃から飼い主さんには伝えていることですが、慢性疾患を抱え、ずっとお薬を飲み続けていたりする子は、最低でも1週間以上の薬は備蓄しておいて下さい。
薬の残りがギリギリになって来られる方も、未だにいらっしゃいます。
何度伝えてもダメです。
しかし、福岡で同じ事態になった時に、動物病院がすぐに機能しないこともあります。
流通もストップします。
東日本大震災の時も、福岡でさえ入ってこない薬が多々ありました。
ある程度落ち着いてからでないと、新たな処方を受けられない場合もあります。
最低でも1週間以上のストックを常に持ち、早め早めに再診を受ける習慣を付けて下さい。


◎狂犬病の注射の札(鑑札や済票の札)
必ず、常時装着して下さい。
胴輪やリードに付けて家に居る時は外している飼い主さんが多く居ます。
365日24時間付けていないと意味がありません。
また、法律上、義務なんです。
首輪を必ず装着し、それに札を付けて下さい。
そして、お散歩の時は、首輪でも新たな胴輪でも良いので、それはそれで。
札を装着するために、首輪の装着を徹底して下さい。

口を酸っぱくして伝えておりますが、本当に伝わらないので、今回の地震を期に、飼い主さんは動物の命を預かっている責任を再度見直して下さい。


あなたの大切な動物たちを守れるのは、私たち獣医師ではありません。
私たちは、あくまでも出来る範囲でのお手伝いしか出来ません。
何とかするのは、飼い主である あなたです。



『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

お知らせ TB:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。