3代目 ちびっこメダカ 誕生
2011 / 06 / 06 ( Mon ) 19:30:47
昨日、およばれをして、そこで、メダカさんを飼われていたので、メダカの話になりました。
もう、稚魚がかえっているとのこと。

確かに、わが病院(うら)のスイレン鉢のメダカさんたちも、おなかに卵をゆっさゆっさぶら下げて泳いでいたので、そろそろかなとは思っていました。

今日のお昼休み、気分転換に、のぞいてみました。

あ!ちびっこ発見。

で、小さな水槽に、救出しました。
そのままだと、親に食べられてしまうんです。
tibimedaka-20110606.jpg

緑の水は、スイレン鉢であおこが発生しているのですが、あえてその水を一緒に移動したからです。
ちびっこは、水の変化ですぐに死んでしまいます。
あおこ臭いけど、このほうがよさそう。

水草と一緒に、救出しました。

ついでに、数個の卵も発見したので、一緒に移動。



スイレン鉢のメダカ君たちは、もともと川でとってきた1代目の子供(つまり、2代目)。
去年かえった子たちで、もう今年は次の世代を産んでいるんです。
去年、2代目が お外デビューした時の話


と言うことで、この写真のちびっこは、3代目と言うことです。

何百匹も孵っても、大人になれず途中で急に死んだりもします。
今年はどれくらい育つかな?


もう少し増やして、今年こそは、病院の前にスイレン鉢を置きたいな。
いろんなスイレン鉢も、お店に並び始めたので、たまにチェックしています。


『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)

↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

メダカ TB:0 CM:0 admin page top↑
めだか、お外へ移動
2010 / 11 / 04 ( Thu ) 15:35:40
現在、50匹を超えるめだか君を、水槽4つ+睡蓮鉢で扶養しています♪

30匹くらいは、今年孵って育てためだか。
たくさんになりました。
まだ、小さめの子もいます。
ある程度の大きさになるまでは、突然死することもあり。。。
太さ0.15cm=1.5mm以上(長さ1.5cm以上くらいかなぁ~。)になれば、だいたいちょっとした水質にも耐えられるように思います。
なので、ちびっ子の状態しだいでは、若干減るかも?

3ヶ月くらい前に、睡蓮鉢を買って来ました。
ホームセンターで買ったのですが、信楽焼きって。
だから、思ったより軽く。
B級品でしょうが、私にはその違いもわからないので(笑)。
medaka-hati.jpg
水道水をいれ、外に放置。
カルキを飛ばします。
数日放置したかな?
横には田んぼから取ってきた、水草。
農家の人にとっては雑草らしい。


水草を、素焼きの植木鉢に植えました。
足りない土は、赤玉土をいれました。
鉢のまわりには、酸素不足解消のため、アナカリスと言う水草を入れています。
medaka-hati-2.jpg


そのまま、1~2週間だったか放置。
水質が安定するのを待って。
そして、めだか君を放流。
まずは、3匹くらいから入れてみました。
そのうち1匹は、なぜだか、水槽で弱っている感じでしたので、救出の目的で睡蓮鉢に移してみました。
次の日には、元気ぴんぴんになっていました。
良かったぁ~。
なんだか水槽の下のほうにいて、動きも鈍かったから、あのままだったら死んでしまっていたかも?

田んぼの土の中には、ミジンコもいて、数日、放置しただけで、たくさんミジンコが繁殖しました。
これがメダカの餌になります。

小さなビオトープです。
メダカちゃんが、3匹写っていますが、見えますか?
medaka-hati-3.jpg
日中の暖かい時間を狙って、様子を見ながら追加し、現在は9匹入れています。
水槽より、成績が良いと思います。
そして、たまに、楽しむために、市販のメダカの餌も、ごくわずか与えています。
水質を汚さないように。。。

そうそう、びっくりしたのが、室内にいたときは、クリームに近いグレーって感じの色だったのですが、外に出して数時間したら、かなり黒っぽくなりました。
メダカって、環境に応じて色が変わるようです。
また、別の水槽で、見やすくするために、白い紙をしいて育てていた子は、本当に白くて。
その子も、1日くらいで、他の子とわからない色になっていました。
野生のメダカを、通称黒めだかと言うと聞いていましたが、どこが黒いの?と思っていました。
実際、外に出してみて、本当に黒いので納得。(過去の写真と比べていただくと、色の違いに納得していただけると思います。)
外的から身を守るためなんですね。


さらに、鉢の内側には、いい具合にアオコも発生。
これもメダカの餌になるそうです。
メダカの糞尿を、こういう植物がリサイクルしてくれて、水も浄化され、酸素も供給され。
すばらしいです。
medaka-hati-4.jpg


本当は、安定したら、病院の玄関前に置こうと思っていました。
でも、今、毎日、出勤のときに眺めるのが楽しくて。
来年、また、睡蓮鉢が出る時期になったら、もう一つ作って、今度こそは、病院の入り口のポーチにでも飾って、みなさまの待ち時間の癒しにでもなればと思います。


最近は、寒すぎて、日中もあまり浮かんできてくれません。
まさか、一部死んでしまったのか?
たぶん寒さで、隠れているだけということを信じて。


よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

 

↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

メダカ TB:0 CM:0 admin page top↑
メダカのたまご
2010 / 09 / 26 ( Sun ) 08:51:18
1ヶ月くらい前に、デジカメを買い換えた。
とは言っても、どうしても、以前のデジカメのほうが、小さくて、持ち運びしやすいので、普通はそれを使っている。
新しいのは、光学10倍のものを買ったので、どうしても、レンズも大きく厚みがあるし。
正直、まだ使いこなせていない。

本当は、デジタル一眼レフが欲しいのですが・・・。
もう十年前くらいから、欲しいなと思いながらも、悩んでいる状態。
値段もですが、実際買って、ちゃんと使うかどうか。
大きいからと言って、持ち出さないと意味が無い。

今までの光学3倍だと、出歩いたときに、きれいな鳥を見つけたりしても遠すぎて、結局わけわからない状態だったりしたので、光学10倍には、ちょっと期待したい。

そもそも買い替えのきっかけは、手術中の写真撮影。
手術中に、予想外のことや何かがあったとき、後で飼い主様に見せるためだったり、学術的記録のためだったりで、撮影することは多々ある。
みんながみんな、すぐに使いこなしてくれればいいが、そうもいかない方もいる。
術中に、カメラの使い方の説明をしているともたもたするので、誰でも使えるデジカメがいいなと、それが一番のきっかけだった。

今回は、デジカメを買い換えて、試し撮りで、撮ってみた写真です。
古いタイプでは、水槽内はピントが上手く合わなかったのですが、新しいのだときれいに撮れました。


左:♂、右:♀

♀のおなかには、卵がついているのわかりますよね。

この夫婦はとても仲がよく、寄り添っていることが多いです。
♂のほうがスマートで、♀のほうが、少し大きく、おなかもぷくっとしています。


最近は、急に水温が下がってきたので、お腹に付ける卵の数も減ってきました。
どうも、受精もあまり上手くいっていないようで、孵化率も下がってきました。

食事を食べる量も減ってきました。

メダカは冬場は、ほとんど食事を取りません。
だんだんと活動が下がってきます。

夏場と同じ量の食事をあげていると、食べきれず水質の悪化にもつながるので、様子を見ながら与える量を減らしてゆきましょうね。


少し前に、季節はずれですが、睡蓮鉢を買って来ました。
夏前から、ずっとどうしようと悩んでいたのですが、今年孵ったメダカの子達を、外で世話したいと思い、思い切って。
季節はずれだったので、気に入った鉢は売り切れていましたが、今年は、まずビギナーとして。
ホームセンターで買ったのですが、信楽焼きの睡蓮鉢。
見た目よりは、軽くて。
信楽焼きと言っても安かったですし、ホームセンターなので、間違いなくB級品でしょうけど、私には、これで十分。
同じくらいのものでも、もっと重くて、品質的に???、国産かどうかもわからない、っていうのも、たくさん。
この夏は、いろいろと見比べたので。

今、水草を植えたりして、水質の安定化を図り、準備しています。
水の中ではミジンコも増え、メダカの食事になるので、良い感じです。
メダカの食事を、自然繁殖で確保できたら、あとは、ほとんどメンテナンスフリーです。
水の減りや、様子をたまに見るだけでよくなる。

長いスパンでは、近親交配を避けるため、たまに、別のグループのめだかを投入してあげる。
(いま、同じところで取っためだかですが、若干グループ分けして、飼育しています。遺伝子の偏りを防ぐため)

あとは、ヤゴ対策、鳥対策。
いま、トンボがたくさん飛んでいるので、心配。
ヤゴは、めだかの天敵だから。
そして、鳥も、小魚がいるとわかると、味をしめて、取りに来るそうです。

安定して、メダカを移したら、病院の入り口にでも飾ろうかなって思っています。


また、睡蓮鉢は、別の機会に写真入で、UPしたいと思います。


結構、私の身近に、めだかを飼っている方が多く、びっくりしています。
知人の獣医師にもいたし、飼い主様の中にもたくさん。

めだかは、癒されますよね。




よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

メダカ TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME * next