やはり減っている
2011 / 08 / 21 ( Sun ) 09:45:00
先日、親子のすずめ の記事を書きました。

そのことの追記になります。

昨日、朝の情報番組を見ていたら、たまたま すずめの事をしていたのです。
「近年、すずめにも、少子化の波が・・・。」
特に、都市部でひどいとのこと。

へぇ~。
気のせいじゃなかったんだ。


原因としては、都市化により、すずめの巣をかける場所がなくなってきたこと。
巣をかけたとしても、とても狭くて、多くのヒナを育てることが出来ないこと。
そして、昆虫類などの減少による栄養不足も関係しているかもしれないとのこと。


情報番組を見て、初めて知ったこと。
すずめって、巣立ちした後も、しばらく親すずめは、子すずめにえさを与えるんですね。
親すずめは、通常だったら2~3羽の子すずめを、連れているそうです。
しかし、最近は、1~2羽程度。
少子化が進んでいると言っていました。


昔は、稲穂を食べるので、田舎などでは一部駆除されたりもしていたようですが、すずめの減少を心配し、都心部では、すずめの巣箱を公民館などにかけたりしているそうです。
そうすると、入居率100%の大盛況だったとのこと。
それだけ、安心して巣を作ることが出来る場所が減っているんですね。


身近なところで感じる、環境の変化。
忙しい現代ですが、ふと、空を見上げたり、風に耳を傾けたり、日常の変化を楽しむのも、いいと思いますよ。
そして、起きている現状に一人一人が気づき、今、自分の出来ることを考えていけたらいいのではないかと思います。

次の世代へ。
そして、この地球で暮らす『すべての生物』のために。





『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリックお願いね笑顔のだいずバナーです。(FC2ブログランキング)


クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)

↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

環境・エコ TB:0 CM:0 admin page top↑
にがうり 緑のカーテン
2011 / 05 / 07 ( Sat ) 18:42:25
今年も、緑のカーテン(にがうり)を作ってみました。
去年より進化しました。

というのは、ちなみに去年のは・・・(去年の7月

で、去年の記事をごらんいただくとわかるのですが、鉢を地面においていました。
以前から不安があったのですが、去年ついに・・・。
ネットに、居候犬のコロが絡みつき、外れなくなってしまいました。
ネットを取ろうにも噛みついてくるため、麻酔をかけて外す事態になってしまいました。
コロに噛みつかれると、大変な事態になってしまいます。過去記事
ということで、今年はあきらめようかと思っていたのですが、テレビの園芸番組を見ていて、ふとひらめきました。

そうだ、コロがいたずらできないくらい、高い位置に設置すれば良いんだ!
と言うことで、こういう大々的なものを作りました。
一応、固定しているところもあるのですが、将来的には分解して片付けられるように工夫しているのです♪
ニガウリの緑のカーテンです。(西側、ドッグラン)
毎年、ニガウリが種から発芽してから植えるので、いつもスタートが遅かったのです。
そして、地面から窓が高いので、あまり茂らないうちに秋を迎えてしまいます。
今年は、苗を買ってきて、植えることにしました。

台を置くことで、地面からの距離も縮まり、早いうちに窓を覆うことと思います。
こちらは西側で、西日が入ってくるので、日中はシャッターも少し下ろすのですが、やはり、緑の木漏れ日の方がホッとします。

早く茂らないかなと楽しみです。


それで、味をしめて、第一診察室の窓と、だいず君がいる玄関と、南側2カ所も今年は作成しました。
今年は、ドッグランも入れて、合計3カ所です。
ニガウリの緑のカーテンです。(南側)

普通の支柱ではなく、最大3mまで伸びる支柱とパイプの台座を使ったので、材料費はちょっと高め。
すべてあわせると、材料費が約2万円。
何年かは、使えることを期待して。
元々電気代も節約しており、あまり使わないので、材料費と差し引いても、節約できる電気代を考えると、得をするという金額ではありません。
でも、緑の癒しと、環境のために。
自己満足ですね。(笑)


5月3日~5日の休日には、いろんな事をしました。
その中の一つでした。

そのほかに
①犬のシャンプーカット。
4匹中、現在3匹終了。

②シンビジューム(蘭)の植え替え。
去年は世話が出来ず、花がつきませんでした・・・。
シンビジュームは、ある程度のサイクルで、植え替えが必要ですが、大きすぎる鉢に植えてもダメなんですよね。
それから、定期的な置き肥と、夏場のしっかりした水やり。
これさえ出来れば、簡単に咲く初級者向けの蘭です。

③病院の花の買い出し&植え替え。
去年は、あまりお花を管理できず、病院周りが寂しかったので、今年はたくさん植え、がんばって手入れしたいと思います。
花の管理は、水やり以外は基本的には私がしていますが、水の調整などの管理が難しい花だと、普通のスタッフには無理なので、あまり手のかからない花しか選べません・・・。
やらなすぎも、やり過ぎも、花の特性を知っていないと、ダメですものね。
花の状態を見ながら、土の乾き具合を見ながら、会話しながら水も与えないと。。。
だから、マニュアル的な管理でも良いような、簡単な花に限られます。
花の好きなスタッフ募集!!!
そしたら、もっと花のバリエーションも増えるので、楽しいです。

④Oさんと赤ちゃんに会いに病院に行く。
元気な男の子でした。
かあちゃんは、夜泣きに振り回せれ。
おむつ替えしたとたん、また、うんぴーって言う、大物。
面会の最中は、おむつ替えの時間がほとんどでした(笑)。

などなど。

休みでもないと出来ないことだらけです。
でも、久々に人間らしい生活をした気分です。(^^)





『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)

↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

環境・エコ TB:0 CM:0 admin page top↑
COP10
2010 / 10 / 13 ( Wed ) 17:15:43
今、名古屋で地球規模の会議、COP10が開催されている。
COP10の公式サイトは、こちら→COP10のURL

生物の多様性をどう保存するかが、課題となっている。

で、私は思う!
生物の多様性を考えたとき、人間という動物の増殖は、自然の摂理に逆らっていると思う。
人間という動物だけが、異常に増えすぎたと思いませんか?
だから、資源も枯渇するし、経済活動によって、環境は破壊されるし。
生物の多様性ではない。
人間独占の社会。

他の生物に、もっと敬意を払うべきだ。
(生き物を捕って食べてはいけないという、どっかの愛護団体が声高に叫ぶようなことを言っているのではない。)

極論、適正な人間の数になるまで、減っていかなければならないのではないかとも思う。
だから、自然の摂理で、新型インフルエンザや、多剤耐性菌などの発現により、人間を適正量に減らそうと地球がしているのかもしれない。
恐竜が絶滅したのと同じように、人間に対して。

そんなことを日々考え、思う。


少子高齢化という問題もある。
でも、高齢者を支えるために、子どもを増やしていくと言うことを考える。
そのとき、他の動物との関係を考えると、如何なものかなと思う。

経済活動と環境は両立できると、日本国の政治家は言う。
理想だと思う。
でも、現実、両立って無理なのではないでしょうか?
出来たらいいと、願ってはいますが。。。

環境を守るため、未来につなぐため、今の世界に生きている人間がしなければならないこと、我慢しなくてはならないことは、たくさんあるのではないでしょうか?
その我慢が、優しさに代わり、その優しさで癒されるというのは、この上ない贅沢だと思うのですが・・・。

不景気だと言いますが、昔の日本社会を考えると、それでもかなり裕福だと思います。
すきま風入る家で、暖房もろくに炊けず、粗食に耐えた時代。
それでも人間は生きていける。

今は、ミスマッチングなど言い、求人があるのにもかかわらず、仕事がないという。
死ぬ気で頑張れば、いっぱい求人はあるのに・・・。

昔は、仕事は裕福な生活をするためではなく、生きていくためであった。
これが、日本の底力となり、高度経済成長を支えてきたのではないでしょうか?

これは極論です。
だから、こんな生活を急にしようと提案しているわけではありません。
でも、少しずつ、裕福な時代の生活を忘れる努力をして、人間本来の生き方に戻っていくべき時代に突入したのではないかと思います。

失敗したらすぐものを捨て、粗雑に扱って、安いんだからと新しいものをすぐに買い求める。
そもそも、長持ちしない製品ばかりになってしまっている。
でも、これは、私たちが、1円でも安いものを求めた結果でしょ?

私は、高いものはもちろんですが、安い商品でも、数円のものでも、粗雑に扱うのが嫌です。
そういうコツコツとした、積み重ねが、大きな規模につながるもの。

たかだかこれくらいとは言わず、みんなが、そのちっぽけなものから目を向けていかなければならない。



エコ、エコなんて言われているけど、どれくらいの人が本当に、関心を持って取り組んでいることか・・・。
周りにいる人々を見る限り、関心は低いなって思う。

どうしたら、世界中の人々が、目覚めてくれるのでしょう?
経済活動優先の考え方ではなく、地球を守ると言うこと。

悲しくなってしまいます。


獣医師という、元々は自然を相手の仕事だから、余計に敏感に感じるのかもしれませんが・・・。



よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

 

↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

環境・エコ TB:0 CM:2 admin page top↑
* HOME * next