FC2ブログ
無事、回復いたしました
2019 / 04 / 09 ( Tue ) 18:04:51
先日投稿させていただきました件ですが、おかげさまで今日のお昼くらいから、復活しました。皆様には、休診情報のチェックなど出来ず、ご迷惑をおかけしました事、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
スポンサーサイト

未分類 TB:0 admin page top↑
公式サイトのお知らせ
2019 / 04 / 07 ( Sun ) 22:05:02
公式サイトは、こちらです。
https://kiyomi-ah.com
検索で出ない場合は、お手数をおかけいたしますが、こちらのアドレスからお願いいたします。


未分類 TB:0 admin page top↑
歯石除去キャンペーン
2017 / 09 / 11 ( Mon ) 11:30:00
毎年、6~7頃と今の頃、もしくはどちらかに、歯石除去のキャンペーンをしています。
お知らせがままならない時もあるので、気になる方はこの頃に、窓口でお問い合わせ下さいね!

先日、歯周病の記事を載せました。
是非、この記事『軽い歯石!? 見逃していませんか?』をご覧下さい。

今回のキャンペーン対象者は、軽い歯周病が上限です。
歯周病になる前、もしくはあれくらいまでです。

さらに、リピート割引で1年以内の子は、割引を受けられます。
ただし、私も気まぐれなのでアナウンスが遅れたりしたら1年過ぎてしまったじゃん!って言う方もいらっしゃるかと思いますので、前年度という縛りにしています。
(次年度も実施予定なので、定期的にされる方は、私がうっかりしていたら、お声かけお願いします。)



また、症状が進行している子は割引適応では無いですが、以下のような方にも、是非この時期に治療を受けていただければと思います。(春先の忙しい予防シーズンと、年明けはフィラリアの注射組と学会などでバタバタするので難しいです)

1.昔はよく舐める子と思っていたが、最近は落ち着いたのか、舐めなくなった。
2.食べるのが(少し)ゆっくりになって来た。
3.食べるのを途中で止めるようになってきた。
4.口の中に何か引っかかっているような仕草をすることが増えた。
5.お口が臭い。
6.舐められた物が臭い。
7.歳を取った=年相応に見える。(実は、年齢だから仕方ないと思っていたら、お口の問題のことも=私の犬がそうでした!→全身麻酔で治療→半年以上立ちますが、ここ4~5年で一番若く、一番元気です=16歳
8.おもちゃ類に血が付く。
9.歯が汚れている。
10.グラグラしている歯がある。
11.お口を触るのを嫌がるようになった。
12.クシャミが増えた。
13.水っぽい鼻水や膿状の鼻水が出る。
14.目の下辺りの頬がふくれている気がする。
15.目の充血が取れない。
16.目をしょぼしょぼしてウインクすることがある。
17.鼻血が出る。
などなど。

もちろん、上記症状は、他の疾患でも起きますので、自己判断せず獣医師に判断してもらいましょう。
自己判断は、とても危険ですよ!
上記症状で、すぐに命に関わる病気が隠れているケースもありますから・・・。

うちの子(16歳)の場合、歯の治療をして、心臓のコントロールがすごくしやすくなりました。
まあ、普通、心臓が悪いのに麻酔をかけて歯周病治療はしたくない(インフォームド・コンセント出来て、理解の上であればします)ので、私が言いたいのは、歯のコントロールをきちんとしないと、心臓のコントロールも難しくなると言う事です。


多くの方が、春の予防シーズンに来院され指摘を受けますが、「じゃ~せんせー!お願い」って気楽に言われます。
ん~~~。
その時期は、狂犬病の当番で病院に居ないことも多く、皆さんが来られるようなシーズンなので、とても忙しいのです。
ゆっくり時間を取っての治療が難しいのです。
こちらの都合と言うより、無理に予定を入れても、バタバタの治療になってしまうのです。


特に重度歯周病の子は、検査をして治療をすると、4時間以上かかることもしばしばです。
なので、よく午後の診療に食い込んで、皆さんに待合室で待っていただくことも・・・。

人の場合は、何度も何度も歯医者さんに通いますよね。
でも動物病院は、それらの内容を麻酔をかけた一度に、一気に治療をすることを飼い主さんから求められます。

グラグラしている歯を抜くだけ、着いている歯石を取るだけの治療だったらそんなに時間はかかりません。
(多くの低料金の病院は、そのような治療が実施されている場合があります)

きちんと、元気にするための治療だったら、本当に時間がかかるのです。



と言う事で、私もすごく疲れますし、時間もかかりすぎて動物に負担もかけますし、お金もすごくかかります。
で、結構な本数の歯を抜かなくてはなりません。
抜いた後はしばらく痛いです。
バカバカ抜かれて、犬は痛がっているし。
で、飼い主さんの直後の満足度が得られないこともあります。
その後すごく元気になっていることきちんと観察出来ていない飼い主さんは、無駄な治療をしたと思われてしまいます。
(多くの信頼関係の築けている飼い主さんは、直後のつらさより、すごく元気になったことを、とても評価して下さいます)

私たちもすごく大変な思いをして、大汗かいて、肩こりして。
で、飼い主さんの満足度が得られない治療なんて、つらいだけです。

なもんで。
じゃあ、定期的にひどくする前に治療をすることで、生涯、仮に同じだけ費用がかかったとしても、わんこは元気で、歯も残っていて、つらい思いも少ないし、私たちも治療が楽。
キープ出来てみんなハッピー!

そう言う目的なんです。
このキャンペーンは!!!



わんこたちは、すごく長生きするようになりました。
また、歯周病リスクの高い犬種の飼育が増えました。
長生きするにしても、元気で長生きして欲しいものです。
そう、「ピンピンころり」を目標にして、日常ケアーを身につける指導と、私たちの医学ケアーにも、力を入れている病院です。


予約期間は、本日から、10月末までです。
実施期間は、11月末までです。(12月に入ったら実施しません)
実施可能日は、ゆっくり麻酔時間を取れる予定の日(日にちを限定しております)しか、予約出来ません。
それは、動物の安全確保第一のためです。
ご相談させて下さい。

ぎりぎりのお申し込みが例年多く、ギリギリは予約が取れない場合もあるかもしれませんので、お早めにご相談下さい。
術前の検査も必要です。
全身麻酔もかけますし、お互いの信頼関係が築けていない状態での実施は困難です。(治療よりケアーが目的のため)
当院のかかりつけの方のみのキャンペーンですので、ご来院のみでのご相談とさせていただきます。



『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

未分類 TB:0 admin page top↑
* HOME * next