Vol.2動物病院大好き モカちゃん
2017 / 05 / 22 ( Mon ) 07:30:00
今日は、『モカちゃん』です!
女の子避妊済み 2歳

先代のわんちゃんの時から来て下さっています。
この子は、1歳になってから来院されたのですが、その時は、もう診察台も怖くて、すごくビビっていました。
診察台に乗っていることも出来ませんでした。
でも、「訓練しましょうね!」と飼い主さんと一緒に頑張ったら、今では動物病院大好きに。
いままで、ビクビクしていたわんちゃんとは思えない笑顔でしょ?
ちゃんと診察台にも乗れているし、このスマイル!
しかもこれは、爪切りをした後の撮影です。
爪切りは苦手だったようですが、でも信頼関係が成り立っているからこそ、こんな笑顔を見せてくれます。
トリミング前なので、顔が見えなくなってしまっていますが、また、キレイになった時に、リベンジのUPしますね!
~~~病院から一言~~~
社会化期を過ぎた子を馴らすことは、確かに難しいです。
だから、わんちゃんは生後12週までの間にいろんな学習をする必要があります。
しかし、この時期を逃したから、なにも出来ないと言う事ではありません。
この子が良い例です。
こんなに大好きなんですよ。
当院は、病気治療だけでなく、動物との本当の楽しみ方のお手伝いをさせていただけたらと、飼い主さんとの絆を大切にしている動物病院です。
是非、動物たちの為に、もっと時間を割いて動物病院に足を運び、違ったペットライフを手に入れて下さい♪
『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリックお願いね笑顔のだいずバナーです。(FC2ブログランキング)
クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)
↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

大好き・動物病院 TB:0 admin page top↑
Vol.1動物病院大好き マメちゃん
2017 / 05 / 17 ( Wed ) 19:00:00
これから、動物病院が大好きすぎて困っちゃう(笑) と言う子を紹介していきます。
キライじゃないけど・・・って子も入れると、すごい数になりそうなので、まずは、『動物病院が大好き!』って子からの紹介です。

今日は、マメちゃん。
男の子 去勢済み 3歳

動物病院が大好きすぎて、病院が閉まっていても、「入る!」って言うそうです。
かわいいですよね。

初めて病院に来た頃は、待合室でもビビっておしっこを漏らすほどだったのに、毎日遊びに来ていたら、今は大好きで大好きで。
大好きすぎて困っちゃう(^▽^)←冗談です。
今では休診日はちゃんと言い聞かせると、わんちゃん自身が納得出来るくらい、飼い主さんとの会話も出来ています。
今日はお休みなんだよって。

油断すると、いつも舌が出てしまいます。
ん~、鼻の穴大きいぞ!

時間が取れる時は、待合室で一緒に遊びます。
うちの子たちは心臓も悪く、もうすぐ15歳と16歳になる子たちなので、はしゃぐような遊びは出来ないので、私も楽しませてもらっています。

本当はもっとめちゃくちゃかわいいのに、動物の写真を撮るのは難しいですね(T_T)。

当院では、こんな子たちがたくさん居ます。
うちの子も、載せてという方、言って下さいね。
ただ声かけしてみると、私の予想以上に、本当に大好きな子たちが多いんだなと実感。
なので、順次載せていきますね。

診察台でスリスリして、そのうち余裕で寝ちゃうニャンコさんも。
診察台になれちゃったウサちゃんも。
待合室で、診察室の扉が開くのを、今か今かと待っている、○○ちゃんも、**君も(*^O^*)
最近写真はスマホで撮るのに、直接UPするのが大変で、ブログが滞っておりましたが、アプリを使えば簡単にUPできるようになりました。
と言う事で、こんな楽しいページも作ってみようかと思っています。

当院は、動物と飼い主様との絆を大切にした動物病院です。
これからもみなさまのハッピーライフを応援しています。
私も動物病院好きにする訓練に付き合って下さっている飼い主様方に感謝し、楽しく診察させていただいております。



『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリックお願いね笑顔のだいずバナーです。(FC2ブログランキング)


クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

大好き・動物病院 TB:0 admin page top↑
6月の休診情報
2017 / 05 / 15 ( Mon ) 18:00:00
6月の休診予定日(ちなみに5月の休診予定日は、こちら)

☆勉強会の連絡やその他の行事(公務)が入った場合、急に臨時休診や時間変更が入る場合もございますので、ご注意下さい。
夕方5時以降は、現在少ない人数で対応しております。ただいま対策中です。
午前の早い時間帯 の診察に多くの飼い主様にご協力いただいております。
くわしくは、下記の【重要なお知らせ】をご覧下さい 今回も最後に、コラムやつぶやきも載せています。お時間があれば最後までご覧下さい。
【定休日】(他に、臨時休診日有り。必ず下記参照
6日(火)
11日(日)

20日(火)
25日(日)
を予定をしております。
時間変更など
8月31日に東京で専門分野の勉強会に参加します。(前日の最終便で向かいます)
そのため、30日の夕方は、いつものような形重要なお知らせ参照】であれば対応出来ますが、夕方に混雑する場合は、一部お断りさせていただく場合もありますのであらかじめご了承下さい。
【重要なお知らせ】
以下の内容にご協力をお願いできればと思います。
体調不良や、再診であっても通常と違う状態であったり、その他定期検査など必要な症例は、午前中の早い時間帯にお願いいたします。
夕方5時以降は、スタッフが帰宅します。
それまでに終了する形での診察となります。
事前に連絡のあった簡単な診療や対応のみになり、薬の確認なども十分出来なくなります。検査などは、出来ない場合があります)
対応できる人数が少ないため、フードや薬のみでもお待ちいただく場合がございます。

受付は早い時間に来られていても、待ち時間などで実際の診療が17時(夕方5時)以降の順番になってしまう場合は、対応に限りがございます。

またワクチン類につきましては、重篤なアレルギー発生の場合は、治療に半日くらい要する場合がありますので、午前の早い時間帯に接種されることをおすすめします。

改善策をとっている最中です。
しばらくの間、ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

~~~コラム~~~
狂犬病集合注射に行くと、心が折れます。
若かりし頃は、集合注射ってこんなもんだと思っていましたが、いま、やっぱり動物の福祉などを考えると、飼い主さんの扱いに涙が出てきます。

どこの町内というわけでは無く、だいたい1回の当番が半日で、その間に何カ所か回るのですが、その時に必ずと言って良いほど、殴るや蹴ると言ったことをする飼い主さんを見ます。

うなる犬。
怖がって泣き叫ぶだけの犬。
噛みつこうとしている犬。

だけど飼い主は、犬を服従させようとして、「言うことを聞け!」と殴る蹴るの暴行をします。
だから、会場での注射が怖くなり、もっと飼い主のして欲しい行動とはかけ離れていくのです。

犬にとって、そこの会場に行くと飼い主には虐待をうけるし、注射も痛いし。

当院では、注射に来ているのに喜んでくるわんこたちがいっぱい居ます。
注射を打っているのに、ピクリともしない子がほとんどです。
信頼関係で、痛み以上の過剰反応をわんちゃんたちがしないのです。

無駄に恐怖を与える必要はありません、

なぜ、飼い主である、あなたの言うことを聞かないのか。
それは、聞くに値しない存在だからなのかもしれない。
尊敬出来る存在で、守ってくれる存在であれば、わかってくれることもあります。

犬の気持ちになって考えてあげると、病院だって注射会場だって怖いところ。
だけど、頑張って注射を受けているんです。
だから本当に、「偉かったね」って、尊敬の気持ちをたっぷり添えて、褒めて欲しい。

その積み重ねが、飼い主さんとの信頼関係であり、動物病院嫌いを作らない秘けつの一つであったりもします。
もちろん、たったそれだけをすれば、良いというわけではありません。
だけど、そういうことから考えて欲しいなって思います。

『何のために動物を飼い始めたのか』と言うはじめの気持ちに戻って。

『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

休診情報 TB:0 admin page top↑
5月の休診情報
2017 / 04 / 21 ( Fri ) 19:00:00
5月の休診予定日(ちなみに4月の休診予定日は、こちら)

☆勉強会の連絡やその他の行事(公務)が入った場合、急に臨時休診や時間変更が入る場合もございますので、ご注意下さい。
夕方5時以降は、現在少ない人数で対応しております。
くわしくは、下記の【重要なお知らせ】をご覧下さい
 たまに、最後にコラムやつぶやきも載せています。お時間があれば最後までご覧下さい。
【定休日】(他に、臨時休診日有り。必ず下記参照
3~5日(祝)
9日(火)
14日(日)

23日(火)
28日(日)
を予定をしております。
時間変更など
5月は狂犬病集合注射の当番で不在になる日があります。(4月分は4月の休診参照)
○5月15日(月)午後の部不在→8時30分~10時30分までの受付に変更
○5月22日(月)午前中不在→13時~15時30分(午後1時~3時30分)までの受付時間に変更
症状の重い子は、当番日には対応出来ない場合もありますので避けられて下さい。
このほかにも、他の先生にアクシデントがあった場合に公務に当たる日が、5月11日(木)です。
この日は滅多に当番に当たる確率はありませんが、ここに来院される場合はご確認下さい(当日急に出動することもあります)

病院自体は開けておりますので、前もって準備が済んでいる薬やフードの受け渡しは可能です。
フードの納期確認は出来ないので、この日の注文分に関しては、念のために少し長めの日にちをお伝えする形を取らせていただきます。
臨時休診など
8月31日に東京で専門分野の勉強会に参加します。(前日の最終便で向かいます)
そのため、30日の夕方は、いつものような形重要なお知らせ参照】であれば対応出来ますが、夕方に混雑する場合は、一部お断りさせていただく場合もありますのであらかじめご了承下さい。
【重要なお知らせ】
以下の内容にご協力をお願いできればと思います。
体調不良や、その他定期検査など必要な症例は、午前中の早い時間帯にお願いいたします。
夕方5時以降は、スタッフが帰宅します。
簡単な診療や対応のみになります。検査などは、出来ない場合があります)
対応できる人数が少ないため、フードや薬のみでもお待ちいただく場合がございます。

受付は早い時間に来られていても、待ち時間などで実際の診療が17時(夕方5時)以降の順番になってしまう場合は、対応に限りがございます。

またワクチン類につきましては、重篤なアレルギー発生の場合は、治療に半日くらい要する場合がありますので、午前の早い時間帯に接種されることをおすすめします。


☆事前にご連絡の上、既にご用意させていただいている薬(:ノミダニ薬、フィラリア薬も含む)・サプリメント・フード(一般食を除く)以外は、院長不在時は、獣医師のチェックが出来ないため取り扱いできません。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

~~~コラム~~~
全く初診で、危篤状態になって駆け込まれるケース。
はっきり言って、全く何も出来ません。

治療開始に当たって、おおざっぱに可能性をピックアップして、除外して、そして、それもその子の基本情報から、可能性の優先順位をたてていく。
そんな時間、全く初めて連れてこられた子、普段あまり来ていない子では、莫大な時間がかかりすぎて、すぐ治療に入る事なんて出来ません。
はじめに書きましたが、『おおざっぱに』でもです。
おおざっぱだから、初期治療が違う方向に行くこともある事でしょう。

ぐったりしている子に、あとで軌道修正する時間はありません。

人間の病院で考えてみて下さい。
救急は救急病院のお仕事です。
普通の内科に危篤状態になって運びません。

でも動物病院には、それを求められます。
無理です。
しかも私たちは専門医ではありません。

まして、何も話を出来ない動物です。

予防歴、飼育環境、年齢、性別など全く分からないのに、「何か出来ることあるでしょ?ちょっと注射打てば良いのよ。何でも出来るでしょ。獣医なんだから!!!」的なことを言われても、その注射で殺すこともあり、本当に何も出来ません。

テレビなどで、本当にちゃんと治療している動物病院もありますが、「あれれ?あれで救命救急なの?」と言う病院もあります。
素人さんがみても分からないでしょうが。
だから、何かしらしてもらったら、治療してもらえたというのは自己満足かもしれないし、本当に正しい治療をしたにもかかわらず、その子の命が頑張れなくてなくなったのに、あの獣医師が殺したと言う事で裁判になるケースも。
信頼関係が築けない間に、治療だけを進めて行かなければならない現状。
意思確認をしている暇はありません。
また、意思確認をしている間に急変したら、それはそれで、また獣医師の責任として責める飼い主さんも居るかもしれません。
そこで我が子が亡くなった時の喪失感が、動物病院に向けられるようです。
動物病院に過失はなくても、重箱の隅を突っついたような裁判ばかりです。
さて、どうしたら良いのでしょうか。

だからこそ、かかりつけ医を持つことは重要です。
そして飼い主自身も、自分自身で考えて責任を負うことです。

さらに、普段からきちんとマメに動物病院に行っていれば、急患で運び込むこともまずありません。
年に何度も定期的に行っていれば、ささやかな変化で病院に行っていれば。

急患ほどの状態でもなく、かかりつけ医がお休みの時であり、なおかつ当院の診察可能時間内であれば、もちろんフォローさせていただきます。
あくまでの当院でできる限りですが。
逆に、当院が休みの時は、他院でフォローしていただき引き継ぐことも可能です。

かかりつけ医は?と聞かれた時に、自信を持って「○○病院にかかっているのですが、今日休みなので」と言って構いません。
逆に、「ワクチンとか予防だけで行っているだけで、かかりつけでは無い」と言う言い方をされる方の方が信用出来ません。
え、かかりつけ医という意識がないんだって、そう言う人は病院と二人三脚という意思がなくて、利用しているだけ。
だから、モンスターにもなる怖い存在です。

また、記事に書ける時が来たら書きます。


『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

休診情報 TB:0 admin page top↑
4月の休診予定日
2017 / 03 / 16 ( Thu ) 20:00:00
4月の休診予定日(ちなみに3月の休診予定日は、こちら)

☆勉強会の連絡やその他の行事(公務)が入った場合、急に臨時休診や時間変更が入る場合もございますので、ご注意下さい。
夕方5時以降は、現在少ない人数で対応しております。
くわしくは、下記の【重要なお知らせ】をご覧下さい
 たまに、最後にコラムやつぶやきも載せています。お時間があれば最後までご覧下さい。
【定休日】(他に、臨時休診日有り。必ず下記参照
4日(火)
9日(日)

18日(火)
23日(日)
29日(祝)、30日(日)

を予定をしております。
時間変更など
4~5月は狂犬病集合注射の当番で不在になる日があります。
○4月13日(木)午前中不在→13時~15時30分(午後1時~3時30分)までの受付時間に変更
○4月20日(木)午前中不在→13時~15時30分(午後1時~3時30分)までの受付時間に変更
○4月28日(金)午後の部不在→8時30分~10時までの受付に変更
○5月15日(月)午後の部不在→8時30分~10時30分までの受付に変更
○5月22日(月)午前中不在→13時~15時30分(午後1時~3時30分)までの受付時間に変更
症状の重い子は、当番日には対応出来ない場合もありますので避けられて下さい。
このほかにも、他の先生にアクシデントがあった場合に公務に当たる日が、4月10日(月)と5月11日(木)です。
この日は滅多に当番に当たる確率はありませんが、ここに来院される場合はご確認下さい(当日急に出動することもあります)

病院自体は開けておりますので、前もって準備が済んでいる薬やフードの受け渡しは可能です。
フードの納期確認は出来ないので、この日の注文分に関しては、念のために少し長めの日にちをお伝えする形を取らせていただきます。
臨時休診など
8月31日に東京で専門分野の勉強会に参加します。(前日の最終便で向かいます)
そのため、30日の夕方は、いつものような形重要なお知らせ参照】であれば対応出来ますが、夕方に混雑する場合は、一部お断りさせていただく場合もありますのであらかじめご了承下さい。
【重要なお知らせ】
以下の内容にご協力をお願いできればと思います。
体調不良や、その他定期検査など必要な症例は、午前中の早い時間帯にお願いいたします。
夕方5時以降は、スタッフが帰宅します。
簡単な診療や対応のみになります。検査などは、出来ない場合があります)
対応できる人数が少ないため、フードや薬のみでもお待ちいただく場合がございます。

受付は早い時間に来られていても、待ち時間などで実際の診療が17時(夕方5時)以降の順番になってしまう場合は、対応に限りがございます。

またワクチン類につきましては、重篤なアレルギー発生の場合は、治療に半日くらい要する場合がありますので、午前の早い時間帯に接種されることをおすすめします。


☆事前にご連絡の上、既にご用意させていただいている薬(:ノミダニ薬、フィラリア薬も含む)・サプリメント・フード(一般食を除く)以外は、院長不在時は、獣医師のチェックが出来ないため取り扱いできません。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

~~~コラム~~~
最近重い病名の子をよく見かけます。
よく見かけるというか、それだけ、医療技術が上がってきたのだと思います。
まず、以前は病院にすら来ず、「老衰」として片付けられていた。
実際は、老衰ってほとんど無いです。
心臓病だったり、腎臓病だったり、ガンだったり。

人間の病気でも、老衰って言われることはほとんど無くなったと思うんですよね。

また、最近は、いろんな分野に詳しい先生方も出てきましたし、なんと言っても画像診断の技術の向上は、医療技術を進歩させたと思います。
エコーなんて当たり前の時代になりましたが、私たちが学生の頃は大きな病院くらいしか導入されておらず、まだまだ値段も高かったです。
エコーが発達して、異物の発見率も高くなりました。

CTスキャンもMRIも。
人と違って全身麻酔をかけての検査ですが、これらの検査の導入で、診断精度がかなり高まりました。

そして外せないのが、内視鏡。
異物を飲み込んだ場合、催吐処置で上手く吐けない場合は、以前は胃切開をしなくてはなりませんでした。
今は、内視鏡で取り出せる物が多くあります。

すごいですよね。

ただ、一番重要なのは、飼い主さん自身の観察力と、とにかく時間を作って早いタイミングで来院すること。
様子を見る暇はありません。
飼い主さんが異変を感じるレベルでは相当すすんでいることもあります。
検査で異常があっても、見た目は元気にしている事なんて多々あり、深刻に考えられなかった場合、その後大変になった症例を経験しています(他院からの転院例も)。

飼い主さん有ってこその動物たちです。
自分たちでは何も訴えることが出来ないわけですし、些細なサインを見逃さないで、ついつい忙しいからと「大丈夫だろう」と自分の都合に合わせるのは止めましょう。
あとで本当に後悔します。

また、すぐに来ていただいても、分からないこともあり、体重や血液のデーターなどを見ながら経過を追い、その後深刻な状態にならないか経過を追っていくことがあります。
先生たちが言う「様子を見ましょう」というのがそういうことなのですが、多くの飼い主さんが、様子を見る=ただぼーっと見て、来院さえしなくていいと思ってらっしゃる。
困ったものです。
きちんとていねいに説明しても、時間が経つと、人って楽な方に流れます。

ギリギリの状態で来られると、その猶予もありません。
私たちは、一瞬で診断出来るわけではありませんから、正確な診断に向かって狭めていくためにも時間を下さい。




『FC2ブログランキング』 と 『人気ブログランキング』 に参加しております。
よろしければ、それぞれ、2つのランキングに クリックお願いします。
クリック&応援よろしくね♪あずきバナーも出来ました。(FC2ブログランキング)

クリックよろしく!引き続き 『だいずは見た!』バナーもよろしく!(人気ブログランキング)


↓応援の拍手も、よろしくお願いいたします。

休診情報 TB:0 admin page top↑
* HOME * next